AIを活用したスタッドレスタイヤの摩耗状況診断サービスを開始

 ブリヂストンのグループ会社であるブリヂストンリテールジャパンは、スタッドレスタイヤの摩耗状況をAIを活用して診断するサービスを2019年9月17日よりウェブサイト上を開始する。

 

 摩耗状況診断サービスでは、スマートフォンで乗用車用タイヤのトレッド面(接地部)を撮影した画像をウェブサイト上でAIが診断し、摩耗状況を表示。これまで展開していた夏タイヤだけでなく、スタッドレスタイヤの摩耗診断も可能になる。

 

 スタッドレスタイヤは、新品タイヤの溝深さの半分(50%摩耗)までを冬タイヤ用途で使用できる。同社スタッドレスタイヤはプラットホームを搭載しており、目視で溝深さが半分になったことがわかる。摩耗状況診断サービスでは、AIがその溝の深さの目安を基に摩耗状況を診断し、「良好」「注意」「警告」の3つのレベルで示す。

 

 タイヤ点検サービスを提供する拠点が減少する中、タイヤの摩耗状況をユーザーが自身で手軽に確認できるサービスとして提供。また、診断結果の表示後、近隣の「タイヤ館」「コクピット」でのタイヤに関する相談の予約サービスも一部店舗にて提供している。

 

摩耗状況 診断サービス ウェブサイト

「タイヤ館」版

https://tirecheck.taiyakan.co.jp/

「コクピット」版

https://tirecheck.cockpit.co.jp/

 

関連リンク

 前の記事へ 次の記事へ 

タイヤニュース 新着記事

タイヤニュース 記事一覧に戻る