ブリヂストン、CO2排出量を約30%削減するタイヤ軽量化の新技術「Enliten」開発

 ブリヂストンは、運動性能、摩耗性能を維持しながら軽量化することで、タイヤの転がり抵抗を大幅に低減できる新技術「Enliten(エンライトン)」を開発した。

 

 Enlitenは、車両のハンドリングなどの運動性能、タイヤライフに繋がる摩耗性能を維持しつつ、タイヤ重量を軽量化する事でタイヤの転がり抵抗を大幅に低減できる新技術。3次元形状革新サイプによるパターンブロック挙動最適化、最新シミュレーション技術を活用した接地形状最適化によって運動性能とタイヤライフを維持しながら、タイヤに使用する部材を削減している。

 

 従来の乗用車用タイヤと比較すると、約20%軽量化し、転がり抵抗を約30%低減できる(タイヤサイズ225/40R18にて比較)。また、「省資源化」と「転がり抵抗の低減」のタイヤ革新技術により、ガソリン車の走行時にタイヤ起因によるCO2排出量を約30%削減。電気自動車が1回の充電で走行できる距離(航続距離)を延ばし、環境負荷低減とモビリティ社会に貢献する。

 

関連リンク

 前の記事へ 次の記事へ 

タイヤニュース 新着記事

タイヤニュース 記事一覧に戻る
TIREHOOD(タイヤフッド)