DUNLOP・FALKENが「第46回東京モーターショー2019」にブース出展

 住友ゴム工業は、東京ビッグサイト等で10月24日~11月4日に開催される「第46回東京モーターショー2019」にDUNLOP・FALKENブースを出展する。

 

 第46回東京モーターショー2019は、「OPEN FUTURE」をテーマに日本自動車工業会が主催。世界の企業・団体が参加する。住友ゴム工業は、東京ビッグサイト南展示棟にブースを出展する。

 

 

 ダンロップエリアでは、過去から現在、未来へと続くダンロップの社会課題解決への取組みを紹介。タイヤ技術開発コンセプト「SMART TYRE CONCEPT」で掲げているタイヤ開発や、ソリューションサービスの最新技術・将来技術の展示などを通して「ワクワクする未来」を訴求する。

 

 ファルケンエリアには、ブランドコンセプトを体現した車両や最新タイヤラインアップを展示。若々しさや躍動感を感じられる映像の放映も行う。

 

 第46回東京モーターショー2019の会期は、10月24日~11月4日。会場は、東京ビッグサイト青海・西/南展示棟、MEGAWEB、シンボルプロムナード公園、TFTビル横駐車場など。

 

 

 

 

関連リンク

 前の記事へ 次の記事へ 

タイヤニュース 新着記事

タイヤニュース 記事一覧に戻る
TIREHOOD(タイヤフッド)