日本グッドイヤーが「第46回東京モーターショー2019」に出展

 日本グッドイヤーは、東京ビッグサイトで10月23日~11月4日に開催される「第46回東京モーターショー2019」にブースを出展する。

 出展ブースでは、テーマとして”Freedom to Move” – モビリティの未来はもっと自由だ -を掲げ、多様なモビリティの社会への新たな取り組みを数々の記録、未来に向けたコンセプトタイヤの展示を通じて紹介する。展示するコンセプトタイヤは、「グッドイヤーコンセプトタイヤ」「グッドイヤー エアロ – Goodyear Aero -」「グッドイヤー オキシジェン – Goodyear Oxygene -」。

 グッドイヤーコンセプトタイヤは、レクサスブースにて世界初披露されるEVコンセプトカー用にグッドイヤーが開発したコンセプトタイヤで、トレッドデザインとタイヤの断面形状を採用している。車体側のトレッド部分に採用したビロード状の微細な毛で覆われたフクロウの羽のような先進的フィンが、効果的な空気の流れを作り、EVモーターを冷却する。

 日本初披露のGoodyear Aeroは、未来を想像した空飛ぶ自動車用に設計されたコンセプトタイヤで、2019年ジュネーブ国際モーターショーにて発表された。地上を走行するためのタイヤとしても、空を飛ぶためのプロペラとしても機能する。特徴は、タイヤのセンサーから受け取る情報と、車両間、車両とインフラ間で伝達される情報を組み合わせるAIプロセッサー。

 日本初披露のGoodyear Oxygeneは、2018年ジュネーブ国際モーターショーにて発表された。特徴は、サイドウォール内で苔を生息させること。開放的なタイヤの構造と洗練されたトレッドデザインは、路面から水滴や水分を吸収して循環させ、光合成が起こり、空気中に酸素を放出する。また、リサイクルタイヤのゴムパウダーを3D印刷したエアレス構造を採用している。

 前の記事へ 次の記事へ 

タイヤニュース 新着記事

タイヤニュース 記事一覧に戻る
TIREHOOD(タイヤフッド)