2016.12.08

知らないと損しちゃう?!タイヤの空気圧

タイヤの空気圧をチェックしていますか。自分で確認するかガソリンスタンドで点検してもらうかの方法があります。自己でやる場合には「エアゲージ」という測定器が必要となりお店で見てもらう場合は無料でお願いすることができます。

pixta_24195995_s

sea

 

ドライバーのみなさーん!
「空気圧」はしっかりチェックしてますか~?

え?私ですか?

 

「・・・・・・・・・・・・・。」

 

正直に言います。
以前はチェックしてませんでした。。。

だって、空気圧が燃費や加速、乗り心地にも影響するだなんて、知らなかったんだもーん!

 

そこで今回は、
空気圧ってなに?という方から、知ってるけど詳しくは分からないという方にも、
今すぐ愛車のタイヤをチェックしたくなる空気圧のお話をさせていただきますね!

 

 

空気圧は低すぎても高すぎてもダメ??

空気圧には「指定空気圧」というものがあるんです。
国産車ですと、車のドアを開けたところに記載されています。

タイヤのサイズ

 

実は、この指定空気圧より、低すぎても高すぎてもダメなんです。

 

 

指定空気圧より高すぎるとどうなるの?

タイヤは空気を入れると縦長に膨らみます。
すると、路面との接地面が薄くなるので、抵抗が少なくなり燃費が上がるんです!

「燃費が良くなる、空気圧が高い方がいいんじゃない?」

うんうん、そう思いますよね。
と・こ・ろ・が!
空気を入れすぎると車が跳ねたり、ハンドルがとられて走行安定性が低下しちゃうんです。

しかも、夏場は特にヤバいんです!
空気は熱が加わると膨張するので、外気温が高い夏場に空気を入れすぎると、
タイヤに負担がかかり破裂する恐れが…。

 

 

空気圧が低すぎるとどうなるの?

じゃあ、逆に空気圧が低すぎるとどうなるかと言うと…

路面との接地面が増えるので抵抗が大きくなり、走行に必要なエネルギーが増大!
つまり、燃費が悪くなっちゃうんですね。

しかも、タイヤが変形したまま走行している状態なので、タイヤ内部での発熱が大きくなって、
最悪の場合、走行中に破裂ということも。

空気圧は高すぎても低すぎてもキケンなんですね。。。

 

 

空気圧は定期的にチェックが◎

空気圧の困ったところは、車を走らせていなくても自然と低下していくことなんです。
そして、車に乗っている感覚では、減っているのか、入れすぎているのかは分からないんですねぇ。

だから、うっかり忘れていると、空気が抜けてタイヤが潰れてしまっていた…なんてことにもなりかねません。
タイヤ寿命を短くしないためにも、定期的にチェックをしましょう。

チェック方法は2通り!
自分で測定するか、ガソリンスタンドで見てもらえます。

 

 

自分で測定したーい!という人はこちら

自分で測定する場合は、空気圧を測定する「エアゲージ」を購入しましょう。

airgage

エーモン エアゲージ(ラバープロテクト付) 最大測定値500kPa 6781

【amazon】

【楽天】

 

エアゲージは特に高価なものを購入する必要はありませんが、
毎回同じゲージを使用してくださいね。

それから、タイヤが温まった状態だと空気圧が上昇するので、
走行前の冷えた状態のタイヤを測定することをお忘れなく*

 

 

ガソリンスタンドでお願いしたーい!という人はこちら

ほとんどのガソリンスタンドでは無料で空気圧を見てもらえます。
有料の場合でも、1本約150円程度で測定してもらえるので、気軽に頼めますよね。

「チェックに結構時間がかかるんじゃない?」

いえいえ、空気圧のチェックは5分もあれば終わります。
給油のタイミングで「空気圧みてもらえますか?」とお願いしちゃえば、
給油が終わる頃には空気圧のチェックも終わり、時間の節約にもなりますね。

タイヤを少しでも長持ちさせ、快適なドライブのためにも月に1度はチェックしましょう!

 前の記事へ 次の記事へ 

タイヤを知る 新着記事

タイヤを知る 記事一覧に戻る