これで安心♪セルフチェックのポイント

タイヤのセルフチェックする時のポイントについてこちらで紹介しています。自分で車の点検をしたい時はスリップサインが出ていないか、燃費に関わる空気圧は大丈夫か、大きな事故に繋がらないように定期的に確認しましょう。

 

車の点検を業者に頼むのもいいけど、
自分でチェックできるようになれたらいいなーって思いません?

セルフチェックの方法を覚えちゃえば、
燃費UP!タイヤの寿命UP!愛車への愛情UP!

ほら、いいこと尽くし♡

そこで今回は、車を支える大事なパーツ、
タイヤのチェックポイントをご紹介します♪

 

スリップサイン出ていない?

まずはスリップサインが出ていないかチェックしましょう!

 

0y8a0798_natsu_ss

 

白い矢印で指しているところが、スリップサイン。
このスリップサインは残りの溝が1.6mmになると現れるんです。

しかも、スリップサインが出たタイヤで走ることは法令で禁止されているって知ってました?
こうなったらもう有無を言わず、タイヤ交換です!

タイヤの溝は、タイヤと路面の間の水はけを良くする排水溝の役割があるんです。
タイヤがすり減って溝が浅くなってしまうと、雨の日の制動力が徐々に悪化。

大きな事故に繋がりかねません…ヒィィィぃ!!!!!

タイヤの溝を計る、「タイヤ摩耗計」という便利なアイテムもありますよ☆

gauge

シンワ測定 タイヤ溝測定ゲージ ミニデップスゲージ 19300

【amazon】

【楽天】

燃費を左右する空気圧も要チェック☆

 

次にチェックしたいのが、タイヤの空気圧なんです!

 

pixta_1191815_m

 

日頃のチェックはもちろん、ロングドライブや高速道路を使う場合は、
特に確認して欲しいのがタイヤの空気圧。

空気圧が指定空気圧より下回ってしまうと、
乗り心地が悪くなってしまうんです。

それだけでなく、タイヤのたわみが増えることで転がり抵抗が増します。
すると、抵抗が大きい分、車に必要なエネルギーも増えちゃうから燃費が悪くなっちゃうんです…(;´Д`)

タイヤの空気圧を測定できる、便利アイテムは、「エアゲージ」♪

airgage

エーモン エアゲージ(ラバープロテクト付) 最大測定値500kPa 6781

【amazon】

【楽天】

このエアゲージがあれが、いつでも自分で空気圧を確認できちゃうんです!

「わたしの車の指定空気圧って??どこを見ればいいの??」

自分の車の指定空気圧がわからなーい!という人もいますよね?
国産だったら、車のドア付近を見ると、すぐ分かりますよ☆

輸入車の場合、ガソリンを注入する給油口の蓋の裏に記載されていることが多いようです。

タイヤのサイズ

 

空気圧をチェックする時に気を付けたいこと

空気圧をチェックするときは、走行前のタイヤが冷えた状態で!
なぜかというと、タイヤが温まった状態だと熱による膨張で正しい空気圧が測定できないからんです。

それから、エアゲージは特別高いものを購入する必要はないけれど、
測定する時はいつも同じエアゲージを使用しましょう。

 

タイヤは車が地面に接地する、唯一のパーツです。
タイヤに不具合があると、重大な事故や故障を招くことも。

便利アイテムを上手く利用して、日頃から愛車の点検を心がけましょうね☆

 

 前の記事へ 次の記事へ 

タイヤの手入れ 新着記事

タイヤの手入れ 記事一覧に戻る