• タイヤフッドマガジン
  • 新着情報
  • タイヤを知る
  • タイヤを選ぶ
  • メンテナンス
  • オススメ
  • ホイール
  • 特集記事
このサイトについて
プライバシーポリシー

タイヤを知る

あなたのそのタイヤの知識、本当に合っていますか?
間違った知識のままだと損をしてしまう、なんて可能性も。
正しいタイヤの知識を身につけ、楽しいカーライフを手に入れましょう。

タイヤカバーを使ったタイヤ保管方法|安全な走行の為に

2017.09.22 (Fri)

 

pixta_29554503_m

車のタイヤのお手入れには、いくつか決まりごとがあることを知っていますか?
タイヤは車のパーツの中でも走行に関係する非常に大切なもの。
道具を使い、ルールを守ってしっかりお手入れしましょう。

今回はタイヤを劣化させずに長持ちさせる保管方法について
詳しくお話していきたいと思います。

  • 保管する前に!まずはタイヤを綺麗にしよう

タイヤを洗う際には、できるだけ水だけを使って洗うようにしましょう

艶出し剤や保護剤、またアルコールやベンジンなどは
タイヤ表面についている劣化防止剤を落としてしまい、
ヒビ割れの原因になってしまいます。

どうしても洗剤を使う場合は、
薄めた中性洗剤をさっと洗い流す程度にとどめておきましょう。

タイヤを洗い終わった後は、しっかり乾燥させましょう。
濡らしっぱなしの状態にしてしまうと、ゴムが変質する可能性があります。

また、タイヤの溝に小石や泥などの異物が挟まっている場合は、取り除きましょう。
そのままにしておくと、走行中にパンクをしたりするので、事故の原因にもつながります。

  • タイヤの保管方法を解説

保管する前にまず、保管中のタイヤの劣化を防ぐために空気圧を下げておきましょう
その後、タイヤの劣化の原因となる直射日光や紫外線、雨風を防止するため、
タイヤカバーに包むようにしましょう。

タイヤは、型崩れしないようにホイールと共に保管してください。
保管する場所は湿度や温度が高くない所にすると、よりタイヤが長持ちします。

保管する方法として
平積みにして置く方法と、タイヤラックなどを使ってタイヤを立てる方法の2つがあります。

タイヤを平積みにする場合には、
ホイールを付けていないと、一番下のタイヤが重さに耐えられずに
変形してしまうことがあるので気を付けてください。

そして、タイヤと地面の間には必ずブルーシートなどを敷くようにしてください。

これはタイヤに保護剤が塗ってあるので、その油が地面に染み出てしまうのを防ぐためです。
タイヤをラックに立てる場合には、
長期間同じ状態で保管しておくとトレッドが変形してしまうことがあるので、
たまにタイヤを回転させて、タイヤの一部にのみ重さがかからないようにしましょう。

ここまで家で保管する方法について紹介してきましたが、
タイヤを保管しておく場所がないという方には、
有料のタイヤ保管サービスの利用をおすすめします。

タイヤ保管サービスなら、タイヤの取り外しから専門のスタッフが行い、
タイヤを倉庫で厳重に保管してくれます。

自宅での保管やお手入れが面倒だという方は、
プロのスタッフにすべて任せてしまうのも良いのではないでしょうか。

  • おすすめな保管商品

タイヤを保管するにあたって、おすすめな保管商品をご紹介します。

ラック

タイヤを収納する際に、便利なのがこのラックです。

ラックを使えば、複数のタイヤを縦に、二段階に保存できるので、
物置などのまとまった場所が取れない方におすすめです。

タイヤカバー

タイヤは、直射日光や雨風、紫外線などから守るために何か覆うものが必要です。

タイヤの保管にビニール袋を使っている人も多いかもしれませんが、
ビニール素材は使用していくうちに破れて穴が開いてしまいます。

厳重にタイヤを保護したい人は、
ビニール袋よりも遮光性や防水性に優れている市販のタイヤ専用カバーを購入しましょう。

タイヤ専用カバーは、ポリエステルなどの頑丈な素材で作られたものをおすすめします。
中には丸洗いができるものもあるので、汚れても繰り返し使うことができます。

 また、タイヤカバーには、平積み用のサイズのものもあります。
平積みされたタイヤを一気に覆えるカバーなので、
雨風や直射日光から、積んであるタイヤ全てを守ってくれます。

タイヤ用物置

タイヤ用物置を使用すれば、タイヤを雨風からしのげることはもちろん、
タイヤジャッキやレンチなどの小物を一緒に収納しておくこともできます。

まとまったスペースがある方にはこちらがおすすめです。

安心した走行の為にできること

タイヤを保管する際のポイントは
①保存前は
しっかりと洗浄
②直射日光や雨風、汚れを防ぐ為にタイヤカバーをして冷暗所で保管
③形状が変化しないように置き方に気を付ける

タイヤカバーを買うお金がもったいないと思う方もいるかもしれませんが、
安価な素材ではタイヤを十分に保護することができません。

安全な走行の為にも
タイヤの保管する際には十分注意したいですね。

この記事を書いた人

編集部編集部
TIREHOOD MAGAZINE編集部

タイヤの基本から豆知識、お役立ち情報を紹介!
みなさんの生活を豊かにするカーライフインフォメーションをお届けします。

タイヤの選び方

国内外の有名ブランド新品タイヤをネットだからできる納得価格で販売。