2019.08.15

タイヤの買取について徹底解説!状態に応じた買取相場や出張の有無を確認しよう!ネットでの買取も可能?

タイヤの買取相場は?

不要になったタイヤは廃棄するにも処分費用がかかるため、状態がある程度保たれているタイヤを買取に出すカーユーザーが増えています。

摩耗が進んでいたり、傷が多いなどタイヤの状態が悪ければ買取額はつきません。

買取可能と判断された場合の買取価格相場は4,000円〜1万5,000円程度です。

タイヤの持ち込み処分にかかる金額はカー用品店で平均2,000円ほどかかります。

例え相場より低い金額となった場合でも処分費用を払うよりは買取依頼をしたほうが得になるケースが多いといえるでしょう。

買取相場を左右する要因

購入時期がさほど変わらない同一メーカーの同タイプのタイヤを買取に出したとしても、買取額が同じになるとは限りません。

では、タイヤの買取額はどんな要因で決まるのでしょうか

残っているトレッドの深さ

トレッドの深さが深ければ買取額は高く、トレッドが浅ければ買取額は低くなる傾向にあります。

走行距離が長くなればタイヤは摩耗し、トレッドが浅くなります。

ノーマルタイヤの場合、トレッドの残りが約1.6mmになった時点でスリップサインが出ます。

もしも買取に出したいタイヤにスリップサインが出ていれば、まず買取は不可能です。

一般的に買取可能なタイヤはトレッドの残りが5mm以上だといわれています(業者により異なる)。

ひび割れの状態

あまり使わないままベランダで保管していたタイヤを買取に出そう、と考える方は多いでしょう。

スタッドレスタイヤを購入したものの履き替えなかった場合など、こうした状況が起こりやすいといえます。

トレッドは摩耗しないまま残っていますが、紫外線や風雨にさらされていた場合は注意深くタイヤを観察してみてください。

細かなひびがあちこちに入っている可能性があります。

こうなるとタイヤの寿命としては残り少ないため買取額は低くなるか、あるいは買取不可能となってしまうこともあります。

そのため、使用しないタイヤはできるだけ屋内で保管し、今後も使用しないと分かった時点で買取に出すことをおすすめします。

製造年週

タイヤ側面にはタイヤの製造年週が刻印されています。これが新しいタイヤほど買取額が高く、古いほど買取額が低くなる傾向にあります。

タイヤはゴム製品ですから、店頭に並ぶより以前、製造の時点から劣化が開始しているため、製造年週は経年劣化の指標となります。

在庫処分セールやガレージセールといった名目で安く購入したタイヤは、思っている以上に製造年週が経過している場合がありますので、一度確認しておくと良いでしょう。

ホイールの有無

タイヤとホイールをセットで買取に出す場合は、上記の条件が必ずしも当てはまりません。

例えばタイヤの摩耗が進んでいて買取額がつかないほどであっても、ホイールが使用可能な状態であれば買取できます。

もちろん、ホイールにこすり傷がついていてもタイヤが良好な状態であれば買取が可能です。

わざわざタイヤだけを外して買取を依頼するのではなく、状態が悪い部品も一緒に買取してもらえば処分費用がかからないのでおすすめです。

ホイールは、純正ホイールや意匠性が高いホイールのほうが買取額が上がります。

買取に出す時期

タイヤの買取額はシーズンによって変動します。

特にスタッドレスタイヤは特定のシーズンにしか使用しないため、中古スタッドレスタイヤの需要は秋の終わりにピークを迎えます。

この時期にスタッドレスタイヤを買取に出せばすぐに買い手がつく可能性が高く、業者はタイヤを保管する必要がありません。

そのため買取額が高くなる可能性があります。

買取に出すタイヤの本数

タイヤ交換は通常4本セットで行います。

カー用品店などのパンク保証の多くも、1本のパンクに対してタイヤ全てを交換するという条件が付くはずです。

場合によっては2本というケースもありますが、1本だけ、あるいは3本を交換することはほとんどありません。

そのため4本セットで買取に出したほうが1本あたりの買取額が高くなる傾向にあります。

買取依頼はどこに出す?

タイヤをできるだけ高く買取してもらうためには、タイヤの状態だけでなく買取先の選定も重要です。

また、タイヤの状態に併せて買取先を変えることで、予想以上の買取額が期待できます。

買取先ごとにどのような特徴があるのでしょうか。

カー用品店やタイヤ専門店

身近で手間なく買取の依頼ができるのが、カー用品店やタイヤ専門店です。

タイヤ買取サービスを行っているかどうかはショップにより異なるため、検討に際してはまず確認をしましょう。

高額買取を目指すなら、タイヤを購入したショップに依頼するのがベストです。

通常の倍額買取を行っているショップもあります。

もし買取額がつかず他の買取先でも同様だと判断した場合、そのままタイヤの持ち込み処分を依頼すれば処分の手間がかかりません。

また、買取可能なタイヤのメーカーが限られている場合も多いです。

その場合は国産タイヤや海外の主要メーカーのタイヤの買取に限っているショップがほとんどです。

タイヤ買取専門店

タイヤ買取専門店に持ち込むのも一つの方法です。

買い取った後のタイヤの販路を確実に持っていますので、メーカーを問わず積極的に買い取ってもらえるのがメリットです。

タイヤ買取専門店は査定や買取方法の選択肢が豊富です。

最近はネット査定を使っておおよその金額を把握してから来店、あるいはショップにタイヤを送ります。

買取額に納得がいかなければ返送してもらうという形もあります。送料無料のケースがほとんどです。

また、できるだけ手間を省きたい場合は出張買取サービスを利用するといいでしょう。

希少価値が高いタイヤを持っている場合はタイヤ専門店が高額で買取してくれます。

ネットの中古品買取業者

タイヤに限らず様々な中古品を買い取っている業者がタイヤ買取を行っているケースがあります。

タイヤ以外にも処分したい品物がある場合は一括で査定してもらうことができます。

また、こうした業者は全国展開しているケースが多いです。

スタッドレスタイヤなら降雪が多い地域のショップに買取を依頼すると、買取額が高くなる可能性があります。

古いタイヤならフリマアプリやオークション

トレッドが少ない場合や製造年週が古いタイヤは、業者による買取額が期待できません。

しかしカーユーザーの中には、少しでも安くタイヤを手に入れたいと考えている方は多くいます。

こうした方に買い取ってもらうにはフリマアプリやオークションが便利です。

買取業者の買取額はその後売却利益を得るためにどうしても低くなってしまいます。

購入希望者との直接交渉であれば、業者が提示した額よりも高くなる可能性があります。

買取相場が高くなるケース

タイヤ買取専門業者のウェブサイトの多くにタイヤの高額買取実績が掲載されています。

中古タイヤの買取額とは思えないぐらいの高額買取が行われているケースがあります。

タイヤ買取専門業者に買取を依頼する場合、どのような条件なら高額買取が見込めるのでしょうか。

新車外しは高額買取

高額買取が見込める条件の一つが新車装着タイヤです。

実は自動車メーカーが独自の基準を設け、自車にふさわしいタイヤとして複数の項目をクリアしたタイヤを新車装着タイヤとして使っています。

自動車メーカーとしては新車購入後気持ちよく運転してもらいたいと考えています。

乗り心地やハンドリング、耐摩耗性などを高いレベルで備えたタイヤを選ぶため、新車装着タイヤはあらゆる性能を十分に満たしているといえるでしょう。

ですから納車間もなく取り外された「新車外し」と呼ばれるタイヤは買取額が高くなる傾向にあります。

メーカー純正オプションパーツ

同様に、メーカーがオプションとして提供している純正タイヤや、メーカー純正ホイールに組み込まれたタイヤなども通常より高額買取が見込めます。

希少価値が高い新車外し

新車外しタイヤの中でも特に高額買取が叶うのが海外高級車のタイヤです。

国内の中古タイヤ市場に出回る数が少ないですし、車の生産台数に限りがある場合は更に希少価値が上がり、高額買取が可能になります。

希少価値が高いオプション品

海外高級車の新車外しタイヤよりも更に高額買取が叶うのが、海外高級車の純正オプションタイヤです。

製造自体が非常に少ないホイールとセットの場合は更に希少価値が上がり、買取額は40万円を超えることも。

タイヤの買取事例

タイヤの買取金額はタイヤの状態やメーカー、製造年週によって変わります。

タイヤの状態が良好な場合にどの程度の金額で買取がなされているのでしょうか。二つの事例をご紹介します。

使用歴があるタイヤ+ホイール4本セット

新車外しではなく使用歴がある場合は、いかに汚れや傷が少ないか、ホイールがセットになっているかが買取額を左右します。

例えばピレリのスタッドレスタイヤとホイールのセットで、使用感があっても良好な状態という場合の買取額が5,500円。

一方で、使用歴はあるものの傷や汚れが少ないダンロップのタイヤとホイールのセットが8,000円で買取されています。

海外高級車の新車外しタイヤ+ホイール4本セット

新車外しの場合はメーカーと希少性が物をいいます。

例えばアウディのスポーツカーR8の新車外しの場合、希少価値がある上に装着する車種を選ばないデザインのホイールだったため買い手がつきやすいと判断され、買取額は40万円でした。

一方同じくアウディのS5からの新車外しの場合、こちらはR8よりは流通量があることから14万円で買取されました。

使わないタイヤは良い状態で買取に出そう!

車の足であるタイヤは、できるだけ良い状態で手に入れたいのは当たり前のこと。

ですから中古タイヤを購入する方も、状態が良いタイヤを求めています。

需要が見込めるタイヤほど高額で買い取ってもらえます。

タイヤを手放そうと思ったらできるだけ早い段階で査定に出し、良い状態で売却できるようにしたいですね。

 前の記事へ 次の記事へ 

タイヤを知る 新着記事

タイヤを知る 記事一覧に戻る
TIREHOOD(タイヤフッド)