• タイヤフッドマガジン
  • 新着情報
  • タイヤを知る
  • タイヤを選ぶ
  • メンテナンス
  • オススメ
  • ホイール
  • 特集記事
このサイトについて
プライバシーポリシー

タイヤを知る

あなたのそのタイヤの知識、本当に合っていますか?
間違った知識のままだと損をしてしまう、なんて可能性も。
正しいタイヤの知識を身につけ、楽しいカーライフを手に入れましょう。

乾いている状態の氷は滑らない!?安全に雪道を走行するための正しい知識

2016.11.09 (Wed)初心者向け
Frozen snowflakes fell on the eve of Christmas. Nature winter background

Frozen snowflakes fell on the eve of Christmas. Nature winter background

凍結した道路を走る際、スタッドレスタイヤを履いていても「手に汗を握った」という経験は誰にでもあるだろう。
しかし、凍結した道路で、タイヤが滑る原因は「氷」だと思っている方は多いのではないだろうか。

実は、凍結した道路であっても、乾いている状態の氷は滑らない。
とはいえ、「氷が滑らない」というのは信じ難いものだ。
例えば、冷凍庫から出したばかりの氷を掴もうとした際、氷がツルツル滑って掴めないないどころか、指にくっついてしまった。
という経験はないだろうか?

この現象と同じ事が氷上でも起こるため、乾いた氷の状態では滑らないのである。
では、なぜ凍結した道路でタイヤは滑るのだろうか。

凍結した道路で滑る原因は「水」にあり!

タイヤが滑る原因は、ずばり「水」だ。
凍結した道路とタイヤの間に、解け出した水が膜のように広がる。
この「水の膜」ができることにより、タイヤが浮いてしまい上手く地面を捉えることが出来ないのである。

このことにより、凍結した道路でタイヤが滑ってしまうのだ。
「では、日が出ていない夜間や、曇りの日は氷が解けず滑らないということ?」
、、、その考えは本当に正しいのだろうか。

実は、氷が解ける原因は外気温などの「熱」だけではない。
氷は、0度以下であっても車の圧力により解け出してしまうのだ。
よーく考えて見て欲しい。
車は、タイヤで支えられているが、タイヤが地面と接する面積は、1本あたり僅かA4サイズの紙1枚分以下。
この小さな面積で、車を支えているため、走行中もタイヤには大きな圧力が掛かっているのだ。

当然、この圧力は凍結した道路にも加わり、タイヤに接した氷が解け「水の膜」ができる。
その為、凍結した道路を走れば自ずと「水の膜」ができ、滑ってしまうのだ。

路面の水分を吸うことで性能を発揮する「スタッドレスタイヤ」

氷で滑るのではなく、水で滑るということは、、、
「スタッドレスタイヤは、本当に必要なのか」という疑問が湧いてくる。

確かに、雨の日に夏用タイヤで走っても滑らない。
しかし、水の膜の下が氷上ということには変わりないのだ

スタッドレスタイヤは溝が深く、細かな横溝が多くある。
氷上にできた水の膜は数ミクロンと言われかなり薄い。
その薄い膜を、この「溝」が捉え、路面の水分を吸収し「止まる」性能を発揮しているのだ。

また、ノーマルタイヤに比べ、タイヤのゴムが柔らかく、低温でも硬化しにくい。
このことで、凍結した路面にピタッと密着することができ、より、薄い水の膜を確実に捉えることができているのだ。
なので、滑る原因が「水」であっても、スタッドレスタイヤは凍結した道には必要不可欠なのだ。

タイヤの溝もメーカーによって異なります

スタッドレスタイヤの性能を左右するといっても過言ではない、タイヤの溝。
このタイヤの溝のデザインは全て統一されているわけではない。
各メーカー、タイヤのデザインが異なるのだ。

溝にもそれぞれ役割があり、その具合により発揮する性能にも違いが出てくる。
どのメーカーも毎シーズン改良を重ね、性能が良くなっている。
「あのメーカーは細かな溝が多い」
「変わった溝のデザインだな」
など、各メーカー溝のデザインの特徴が様々で、見比べてみるのも面白い。

そこで気になる溝を見つけたら、そのスタッドレスタイヤを履いてみてはいかがだろうか。
見るだけでなく、実際履くことにより、溝の性能をより理解出来るかもしれない。
冬も安全にカーライフを楽しむために、まずは、雪道走行で注意する点を正しく理解して欲しい。

間違った知識のまま安全運転を心がけても、それは決して安全とは言えないのである。
また、正しい知識を得てからスタッドレスタイヤを選ぶ。
ここでようやく、「安全な運転を心がけることができる」と言えるのである。

滑る原因と、スタッドレスタイヤの性能を理解することで、「雪道が怖い」から「雪道を楽しむ」に気持ちをシフトすることができ、カーライフがより楽しく感じることができるだろう。

この記事を書いた人

T.KT.K
TIREHOOD MAGAZINEライター

タイヤは何でもいい派だったが、最近、車を購入して一気に車熱到来!
どのタイヤとホイールに履き替えるか、夢膨らむ毎日を過ごしています。(笑)
週末は、自慢の愛車でドライブするのが今の楽しみです。

タイヤの選び方

国内外の有名ブランド新品タイヤをネットだからできる納得価格で販売。