2016.12.07

オールシーズンタイヤとスタッドレスタイヤ、何が違うの??

タイヤの違いとはゴムの質と減り方です。夏用やスタッドレスのものと違いオールシーズン使えるタイヤがあるってご存知でしたか。こちらではそれぞれの得意な道のタイプ紹介からどのようなものがいいのかなどの情報を紹介しております。

Car tires on winter road

Car tires on winter road

オールシーズンタイヤよりスタッドレスタイヤの方が柔らかい?!

どんな季節でも使えるように作られたオールシーズンタイヤと、雪道の運転に特化してつくられたスタッドレスタイヤ。
目的が違う、ということで素材の特徴や能力にも違いがあります!

ゴムの質と減り方が違う!

例えばゴムの柔らかさ。
スタッドレスタイヤは冬に使われるので、気温が低くてもゴムが硬くならないように柔らかめの材質でできています。
柔らかいぶん、普通の道路では減りが早くなります;

一方オールシーズンタイヤは、夏でも走れるようにスタッドレスタイヤより硬めの材質のゴムでできています!
普通の道路を走ったときでも磨耗しづらくなっているのです*

得意な道のタイプが違う!

スタッドレスタイヤは雪道に特化して作られているので、
・シャーベット状の雪道
・踏み固められた圧雪
・路面が凍結したアイスバーン
↑このような状態でも対応できます。

しかし、、、
・普通の乾いた路面
・雨水でたっぷり濡れた路面
↑この状態だと、サマータイヤやオールシーズンタイヤよりも不向きで、制動距離がのびてしまうのです;

オールシーズンタイヤの場合は、スタッドレスタイヤよりも、
・普通の乾いた路面
・雨水でたっぷり濡れた路面
↑この状態の路面が得意!

サマータイヤではまったく歯がたたない、
・シャーベット状の雪道
・踏み固められた圧雪
↑こんな状態でも能力を発揮します。

ただし、、、
・路面が凍結したアイスバーン
↑つるつるに凍ってしまった路面では、スタッドレスタイヤほどの能力は期待できません;

日本での知名度はスタッドレスタイヤが圧倒的!

0y8a0753

冬が近くなると、テレビでスタッドレスタイヤのCMを見る機会が毎日のようにありますよね!
「スタッドレス」といわれたら「冬用のタイヤ」だとすぐにわかるくらい、日本では知られた存在です*

でも、、、オールシーズンタイヤはCMをいっぱい放送しているわけでもないし、知名度としてはまだまだ。。。
興味がある人なら知っていても、一般層に広く知られているというわけではありません;

その理由、、、
やっぱり「日本の気候」に関係しているのではないでしょうか。。。

日本は地域によって「たくさん雪が降るところ」と、「あまり雪が降らないところ」がありますよね??

Car tires on winter road covered with snow

Car tires on winter road covered with snow

雪が頻繁に降る地域なら路面の凍結は付きモノ。。。
それなら、アイスバーンが苦手なオールシーズンタイヤよりもスタッドレスタイヤを選んだ方が安全ですよね!!

雪があまり降らない地域なら、冬でもサマータイヤのまま変えないという方も多くいらっしゃるのでは??
雪や凍結の心配がないのならサマータイヤだけで充分ですし、万が一降ったとしても、その日だけ「運転しないでおく」という手段も!

オールシーズンタイヤは、普通の道とちょっとした雪道で使えるタイヤです。
「めったに雪が降らない。。。だけど、絶対降らないわけじゃないからなにか対策しておきたい!!」
そんな場合は、選択肢のひとつとして候補にするのもアリですね*

「毎年ゼッタイ雪が降るし、日中に雪が溶けて次の日に凍ってめっちゃコワイ、、、!!」
この場合はスタッドレスに変えたほうが安全ですよね。
オールシーズンタイヤとスタッドレスタイヤは向いてる気候がそれぞれ違うのです◎

 前の記事へ 次の記事へ 

タイヤを知る 新着記事

タイヤを知る 記事一覧に戻る
TIREHOOD(タイヤフッド)