• タイヤフッドマガジン
  • 新着情報
  • タイヤを知る
  • タイヤを選ぶ
  • メンテナンス
  • オススメ
  • ホイール
  • 特集記事
このサイトについて
プライバシーポリシー

タイヤを知る

あなたのそのタイヤの知識、本当に合っていますか?
間違った知識のままだと損をしてしまう、なんて可能性も。
正しいタイヤの知識を身につけ、楽しいカーライフを手に入れましょう。

冬の到来前に知っておきたい!タイヤチェーンのつけ方とポイント

2017.11.17 (Fri)

pixta_35469409_m

冬の車の必需品といえば「タイヤチェーン」です。

高速道路などでよく見かけるチェーン規制ですが、いざというときにタイヤチェーンの装着方法がわからずに苦労したという経験がある人は多いのではないでしょうか。

また、1年のうちに何度も装着するようなものではないため、過去に装着した経験はあるけれど手順を忘れてしまったという人もいるかもしれません。

そのような人のために、今回はタイヤチェーンの正しい装着方法について詳しく解説していきます。

タイヤチェーンを装着する前に準備しておくこと

タイヤチェーンを装着する前に、事前に確認しておかなければならないことがあります。それは、駆動形式の確認です。

エンジンの動力が伝わるのがフロントタイヤの場合は前輪駆動、いわゆるFF車とよばれるタイプです。

対してリアタイヤに動力が伝わるのが後輪駆動、いわゆるFR車です。この他、雪の多い地域で重宝される4WD車もあります。

タイヤチェーンはエンジンの動力が伝わるタイヤに装着する必要があるため、あらかじめ自分の乗っている車はどのタイプなのかを確認しておきましょう。

ちなみに4WDの場合、エンジン動力は4輪すべてに伝わるのですが、タイヤチェーンは前後どちらかの2本に装着します。

これは車種によって変わってきますので、あらかじめ取り扱い説明書を読んで確認しておきましょう。

さらに、タイヤチェーンには金属製のものと非金属製のものがあります。それぞれのタイプによってつけ方やポイントが変わってきますので、これも事前に確認しておく必要があります。

金属製タイヤチェーンのつけ方とポイント

金属製タイヤチェーンは安く購入することができるというメリットがある反面、チェーンそのものが重く走行時の振動や騒音も大きいというデメリットもあります。

つけ方の手順としては、S字のフックがあるほうを外側、C字フックのあるほうを内側にくるように広げます。

次に、チェーンの上にタイヤが来るように車を動かします。このとき、できるだけチェーンの真ん中にタイヤが配置されるように動かしてください。

そして、チェーンでタイヤ全体を覆うように装着し、タイヤの裏側にあるC字フックを引っ掛けます。

次にタイヤの外側にあるS字フックを引っ掛けるのですが、できるだけチェーンが弛まない長さに調整しましょう。

S字フックには固定用のリングがついているので、このリングにS字フックの小さいほうを通して固定させます。

この状態でタイヤチェーンは一応固定された状態になっているのですが、最後にタイヤ外側部分にゴム製のバンドを装着することでチェーンの弛みを防ぐことができます。

非金属製タイヤチェーンのつけ方とポイント

非金属製タイヤチェーンはさまざまなタイプがありますが、現在主流なのがゴム素材と金属素材を併用した「バイアスロン」というものです。

金属製に比べて高価ですが、乗り心地がよく振動や騒音も少ないという特徴があります。

つけ方の手順は、まずタイヤの裏側からチェーンを広げます。このときのポイントとしては、非金属製チェーンの多くはジョイント部が2箇所ついているところと1箇所のみの部分があるため、1箇所のみのジョイント部がタイヤの接地面にくるように広げます。

そしてチェーン左右の端を持ち、タイヤを包み込むように装着します。タイヤ上部の裏側のジョイントを接続し、

次にタイヤ下部の表側、タイヤ上部の表側という順番でジョイントを接続していきます。

最後に金属製タイヤチェーンと同様、ゴムバンドをタイヤ表側に装着し完成となります。

ちなみに、メーカーや製品によってゴムバンドは付属しておらず、ロック用のハンドルのようなパーツによって固定するものもあります。

さらに、非金属製タイヤチェーンを装着する際のジョイントは各メーカーによってさまざまなタイプに分けられます。

差し込むだけで接続が完了する簡単なタイプも多くあり、非金属製タイヤチェーンを購入する際にはジョイント部の接続方法も事前に確認したうえで購入するのがおすすめです。

まとめ

積雪量の多い地域の場合、スタッドレスタイヤを装着することが多く、タイヤチェーンを準備していないという人は多いものです。

また、ほとんど雪の降らない地域では、そもそも冬用の準備すらしていないという人も少なくありません。

そんな中で、いざ大雪が降ってタイヤチェーンの装着を余儀なくされた場合、多くの人は対応できないという事態に陥ることでしょう。

タイヤチェーンには金属製と非金属製があり、それぞれのタイプによってつけ方も変わってきます。

ぜひ今回ご紹介した内容を冬が到来する前にインプットしておき、いざというときのための知識として持っておきましょう。

この記事を書いた人

編集部編集部
TIREHOOD MAGAZINE編集部

タイヤの基本から豆知識、お役立ち情報を紹介!
みなさんの生活を豊かにするカーライフインフォメーションをお届けします。

タイヤの選び方

国内外の有名ブランド新品タイヤをネットだからできる納得価格で販売。