2016.12.27

つくりに合ったタイヤがベスト!外車のタイヤ選び

憧れの外車を手に入れたら、是非タイヤ選びにもこだわってほしい。やはり外車にも、外車に最適なタイヤがあるからだ。今回は外車にオススメのタイヤの選び方をご紹介しよう。

automobile-1867006_s

car

外車にはメーカー認定タイヤを選ぶのがベスト!

外車には、各輸入車メーカーの認定マーク付きのタイヤを付けるのが最も安心な選択だ。
認定タイヤとは、企画の段階から自動車メーカーと共同で開発されたタイヤのこと。
様々な条件下でのテストの結果、「そのクルマが最も性能を発揮できる」と認められた製品だ!

bmw

メーカー認定タイヤには、それと分かるマークが刻まれている。
「☆」マークが付いているのはBMW、
「N」マークはポルシェ、
「MO」マークはメルセデス・ベンツ、
それぞれのメーカーに性能を認められた証なのだ。

一般のタイヤと比較すると価格も高くなるが、性能面で最も満足感が得られやすいタイヤだと言える。
走り心地や乗り心地にもこだわりを持つ方なら、メーカー認定タイヤを選ぶべきだろう。

国産車と輸入車では、性能やタイヤ選びが違う!

外車には外車のタイヤ選びを、、、というが、外車だととりわけタイヤ選びを気にする必要があるのは何故か?
ということも説明しておこう。
国産車と輸入車では、性能が異なるからだ。
異なる箇所は、足回りの設計。

“アウトバーン”という超高速道路をご存じだろうか?
日本では考えられない高速での走行が可能な自動車専用道路であり、速度無制限の区画などは、クルマ好きにとって一種の名所でもある!

ヨーロッパ系の欧州車は、このアウトバーンを使うことを前提に造られている。
すると、高速でもぶれないハンドルの安定性が重要になってくる。
そのため、輸入車の足回りは直進安定性を重視した設計となっているのだ。

設計が異なるなら、やはりそれに合ったタイヤを付けなければならない。
輸入車には輸入車のつくりに合ったタイヤを選ぶことで、タイヤの減り方も変わってくる!

日本のタイヤメーカーでも、欧州向けに開発されたタイヤもある

「日本製のタイヤを外車に付けても大丈夫か?」
というのは、多くのドライバーの疑問だろう。
実は日本のタイヤメーカーでも、欧州向けに開発されたタイヤがある。

日本製のタイヤは、世界で見てもトップクラスの性能を誇る。
そしてタイヤは、クルマの性能を大きく左右するものだ。
「外車の性能には憧れるが、国内で走るならメイドインジャパンも捨てきれない」
そんな方は、専門店のスタッフに相談しながら納得の銘柄を選ぼう!

憧れの外車に乗るなら、タイヤ選びにもこだわろう

外車は多くのドライバーにとって夢のような存在でもある。
国産車でなくわざわざ外車を選ぶ方は、クルマ選びに相当深いこだわりを持っているのではないだろうか?

せっかく憧れの外車に乗るのであれば、クルマを活かすタイヤ選びにもこだわりたいところ。
性能をフルに発揮しできるタイヤを履いて走るのが一番だ。

 前の記事へ 次の記事へ 

タイヤを選ぶ 新着記事

タイヤを選ぶ 記事一覧に戻る
TIREHOOD(タイヤフッド)