• タイヤフッドマガジン
  • 新着情報
  • タイヤを知る
  • タイヤを選ぶ
  • メンテナンス
  • オススメ
  • ホイール
  • 特集記事
このサイトについて
プライバシーポリシー

タイヤを選ぶ

難しいと思われがちなタイヤ選び。
見るポイントさえ分かっていれば、実はとても簡単なのです!
タイヤ選びが更に楽しくなる秘策をお伝えいたします。

タイヤを通販で購入するメリットは

2018.06.26 (Tue)

最近はネット通販が普及し、タイヤも通販で購入できるようになりました。とはいえ、タイヤは高価な商品ですし、安全な運転にも関わるため、最適なタイヤを選ぶことが難しいのではないか、と不安になる方もいらっしゃるでしょう。

今回は通販と実店舗でそれぞれどんなメリットとデメリットがあるのか、古いタイヤはどうすればよいのか、といった点について解説します。

mailorder1

mailorder1

通販のメリット

ネット通販に特化したサービス全般に言えることですが、実店舗を持たない通販サービスはタイヤを陳列するために必要な土地代や人件費を削減できるため、そのぶん商品価格を安く設定できます。

タイヤフッドやオートウェイといったタイヤ通販サイトも例外ではなく、実店舗を持たないからこそタイヤの価格を安く抑えて販売することができています。

ネット通販は価格以外の面についてもメリットがあります。実店舗は営業時間を定めており、立地によっては自宅から遠くなってしまいます。人によっては時間や地理の問題で実店舗に足を運ぶのは大変だ、という方もいらっしゃるでしょう。

ネット通販なら24時間いつでもタイヤを比較検討できますし、注文後の受取日時も指定できます。自分のペースでじっくりとタイヤを選ぶことができるため、しっかりと比較検討して購入すれば納得感の高い買い物となるでしょう。

mailorder2

mailorder2

最近では購入後の取り付け店舗を指定できるタイヤ通販サイトも多くなっているため、自前でタイヤ交換用の工具を揃えていなくても大丈夫です。タイヤの交換工事は1時間もかかりませんから、忙しい方でも前もってタイヤを購入しておき、店舗で交換する際に少しだけ時間を作ればスムーズにタイヤ交換を実施できます。

通販を利用する最大のメリットは、タイヤの検討、購入、交換といった段階を自分の都合に合わせて調整できることであると言えるでしょう。

その他のメリットとして、ネットでタイヤを比較検討している時は気になったことをすぐに検索で調べられるという点が挙げられます。実店舗でもネット検索はできますが、店舗スタッフの目前でスマートフォンを操作してあれこれ調べ物をするのはいささか気が引けるもの。納得できるまで調べたいという方にはネット通販がおすすめです。

実店舗のメリット

実店舗でタイヤを購入する場合、タイヤに詳しいスタッフに相談しながら購入できるという点が最大のメリットとなります。

「燃費が気になる」「雨の日の運転が心配だ」といった要望や、「高速道路をよく利用する」「荒れた路面を走ることが多い」といった使用状況などを具体的に伝えれば、店舗のスタッフがあなたに合ったタイヤを選んでくれるでしょう。

また、あまり気付かないことではありますが、実店舗ではタイヤを購入した直後に組み付けまで済ませられる、という点も通販と比較した場合のメリットとなります。

例えば「スリップサインが今にも現れそうだ」といった緊急事態の場合は、実店舗に駆けこんだ方が良いでしょう。通販では注文から配送まで時間がかかるため、緊急事態への対処には向いていないと言えます。

通販のデメリット

通販でタイヤを購入する際、タイヤに関する知識がそれなりに必要となります。カタログのスペックが意味するところを把握しておかないと、期待していた性能を発揮できないだけでなく、悪くするとホイールとタイヤが合わなかったり、交通事故の要因となったりすることも考えられます。

幸い、サイトによっては商品のレビューが付いていたり、車種とホイール径を指定すれば適合するタイヤを自動的に選んでくれる機能を備えていたりするものもあります。様々な情報を参考にすることで、良い買い物ができることでしょう。

また、持ち込みタイヤの交換は受け付けていなかったり、受け付けていても割高だったりするカー用品店もあります。通販でタイヤを購入する際は、タイヤをどう組み付けるのか、組み付け費用はいくらになるのか、といったことも気をつけたいポイントとなります。

実店舗のデメリット

実店舗は営業時間が定められており、特定の場所に建てられています。営業時間が都合に合わない、自宅から店舗まで遠い、といった方にとってはこの点が顕著なデメリットになるでしょう。

実店舗を構えていると土地や人件費といった諸経費が必要となるため、ネット通販に比べるとタイヤの価格が高めに設定されがちです。実店舗はタイヤだけではなく、場所やスタッフの提供といったサービスもタイヤ本体の価格に上乗せして売っているため、仕方のないことではあります。

ですが少しでも安く買いたい、ある程度は自己責任として割り切れる、という方にとってはタイヤの価格がデメリットであると感じられるかもしれません。

また、店舗スタッフが十分な知識を持っているか、スタッフが誠実な対応をしてくれるか、という点について、不安を完全に払拭することが難しいのも実店舗のデメリットと言えるかもしれません。

ネット通販であれば手軽に複数の通販サイトを比較したり、商品レビューに投稿された声を調べたりすることができますが、複数の実店舗を巡って確認するのは骨が折れます。

mailorder3

mailorder3

信頼できる顔なじみの店舗スタッフがいれば解決してしまう不安ではありますが、タイヤの交換は数年に一度という方が多いでしょうから、信頼できる顔なじみのスタッフを抑えられる機会がなかなか得られないということが悩みどころです。

古いタイヤの処分は?

通販でタイヤを購入するとなると気になるのが古いタイヤの処分方法です。 まず思いつくのが廃品回収ですが、残念ながらタイヤは無料引き取りの対象外となっている場合が多いようです。

タイヤはゴムだけでなくワイヤーなどの複合素材でできているため、適切に処理するためには設備や費用がかかります。メリットとしては自宅まで業者が引き取りに来てくれることですが、タイヤ4本でおおむね数千円を要するようです。

運搬手段に問題が無ければ、カー用品店やカーディーラー、自動車整備工場に持ち込んで処分してもらうことが最も現実的でしょう。タイヤ交換を依頼した際に古いタイヤを引き取ってくれる場合もあります。処分費用は店舗によって異なりますので、事前に確認することが望ましいでしょう。

まとめ

mailorder4

mailorder4

今回は通販でタイヤを購入する場合と実店舗でタイヤを購入する場合、それぞれのメリットとデメリットを解説しました。

通販は検討、購入、組み換えといった段階を自分の都合に合わせやすいことが大きなメリットですが、一方でタイヤに関する知識を持っておく必要があり、調べ物が面倒だと感じる人には向いていないかもしれません。

実店舗で購入する場合はタイヤに詳しいスタッフへ相談できることが大きなメリットですが、営業時間や立地が限られていることがひとつのデメリットといえます。また、タイヤの比較検討にかけられる時間が限られているため、納得感の高い買い物をお望みならば店舗スタッフとの信頼関係が大事になるでしょう。

補足として、通販でタイヤを購入した場合に古いタイヤをどう処分するか、という点についても触れました。

少し割高ではありますが自宅まで引き取りに来てくれる廃品回収業者に依頼するか、運搬手段が必要にはなりますが割安となるカー用品店などのタイヤを扱っている店舗に持ちこんで処分してもらうか、ご自身に合った方法を選ぶと良いでしょう。

ネット通販、実店舗、それぞれにメリットとデメリットがありますので、ご自身に合った方法で購入しましょう。

この記事を書いた人

編集者編集者
TIREHOOD MAGAZINE編集部

タイヤの基本から豆知識、お役立ち情報を紹介!
みなさんの生活を豊かにするカーライフインフォメーションをお届けします。

タイヤの選び方

国内外の有名ブランド新品タイヤをネットだからできる納得価格で販売。