2016.12.16

ホイールの種類を知ろう♪

タイヤのホイールと種類について紹介していきます。素材だけでも様々でスチール(鉄)やアルミを使っているものは純正に多く、市販品はアルミホイルが多いです。また他にもマグネシウムやカーボンなどを使ったものもあります。

ホイールの種類

Wheel type

「さっきすれ違った車、わたしと同じ車なのにカッコよかった…なんでだろ??」
それはですね、もしかするとホイールが違うのかもしれませんよ!
「ホイール?今まであまり意識したことなかったなぁ…」

実は、ホイールを変えるだけで、ガラリと車のイメージが変わるんです!
そこで今回は、ホイールの素材やデザインについてご紹介します。

ホイールの素材ってこんなにあるんだ!?

ホイールの素材は、純正だとスチール(鉄)かアルミ、市販品はアルミホイルが多いですね。
他にも、マグネシウムやカーボンなど、素材だけでもいろいろ。

ちなみに、カーボンだけで作ったホイールは、強度が高い上に人差し指でも持てちゃう軽さ!
ただ、ホイールは基本的に色が塗られているので、素材の違いは分かりづらいんです。。。
さてさて、、、素材の話はこのぐらいにしといて、皆さんが気になるデザインの話にうつりますよ~*

 ホイールのデザインと特徴

ホイールの主なデザインは4種類。
ではでは、どんなものがあるのか見ていきましょう !

スポークタイプ

ホイールの中央から4~8本のスポークが伸びたスポーティーなデザイン。
軽量でブレーキ放熱性が高いのが特徴。

supoku

フィンタイプ

羽(フィン)のような形状のものや、スポークを細くして増やしたものなど、ラグジュアリー感を演出できるデザインです。

img_0592r

メッシュタイプ

ディスクが網目状になったデザイン。
網目の間隔によって、力強い印象にもエレガントな印象にも変化します。
スポークタイプ同様、ブレーキ防熱性に優れていて、スポークタイプより剛性があります。

img_0585

ディッシュタイプ

ディスクが皿(ディッシュ)のような形に見えることから名付けられたディッシュタイプ。
ホイール自体を大きく見せることができます!
剛性に優れていますが、重量があるので燃費は…。

img_0469r

ファッションを楽しむようにホイールを楽しもう!

ホイールは周りから一番目につく場所。
「キュートに見せた~い!エレガントに見せた~い!」
などなど、洋服を選ぶように楽しみながら、タイヤをコーデしちゃいましょう!

ホイールはタイヤと同じように、車によって適合がサイズがあります。
サイズを間違えてしまうと、車体からはみ出してしまったり、整備不良となることも。
同サイズのホイールでも、スポークの厚みによってはブレーキに干渉する場合もあるので、迷った時はお店の人に相談しましょうね*

 前の記事へ 次の記事へ 

ホイール 新着記事

ホイール 記事一覧に戻る