タイヤの手入れ

より安全に長く走行できるタイヤに保つための、
正しいタイヤのメンテナンス方法・保管方法を紹介します。

新車

ディーラーでタイヤ交換

ディーラーでタイヤ交換するメリットとデメリットについて。カー用品や専門店、ガソリンスタンドなど他にもお願いできるところはありますが、充実したサービスをのそむのであれば、ディーラーの方が純正なタイヤを見つけてくれます。

タイヤとインチアップと空気圧

タイヤをインチアップしたら空気圧のチェックも忘れないようにしましょう。種類によって異なりますがロードインデックスの値に合わせて適正な数値にすることで安定した運転をすることができ、大きな事故防止につながります。

タイヤ交換時の注意

タイヤ交換時に注意すること知っていますか。空気圧やナットの締め方回転方向の確認などのポイントを押さえておけば、シーズンの変わり目などでスタッドレスに履き替えしたい時などプロに頼まず自分ですることもできます。

タイヤの適正空気圧

タイヤの適正空気圧をご存知ですか。調べ方は簡単で車のドア付近にシールが貼られており、そこを見ると表記されています。空気が抜けた状態のタイヤだと走行にたくさんのエネルギーを使うので燃費の低下に繋がってしまいます。

タイヤの空気圧は重要

タイヤの空気圧は重要です。適正な空気が入っていないと路面に接する面積が増えて、摩擦が起こり走行抵抗となってしまいます。それによって燃費が悪くなり、長持ちしにくくなってしまい、大きな事故の原因ともなってしまいます。

タイヤと温度と湿度

タイヤと「温度」と「湿度」は保管する際に重要なポイントです。シーズンオフになって交換する際に綺麗に汚れを落としていても、風通しがいい室内やガレージなどで管理していないと劣化してヒビが入ってしまうこともあります。

タイヤカバーで保管

タイヤカバーは保管するときに必要な理由とは。シーズンによって交換するときにその置き場に困ってそのへんに置いてしまうと紫外線が一番の大敵となり雨や湿気も劣化を早める原因となるので場所には注意した方がいいでしょう。

タイヤと水分と油分

タイヤが「水分」と「油分」に注意する理由として、素材として配合剤やタイヤコードという様々な素材で作られていますが、メインは天然か合成のゴムが使われています。そのため劣化のスピードを速める大敵は「水・油」なのです。

タイヤと劣化とワックス

タイヤにワックスは劣化の原因かも。痛む元である「紫外線」を防ぐためには必要なものですが、つけることで寿命を縮めてしまう場合もあり「油性」「水性」の違いなどもあるので成分の確認をしっかりしておきましょう。