2016.11.21

タイヤメーカー 一覧

タイヤのメーカーを一覧にして情報を載せています。国内・国外問わず有名なブリジストン、ダンロップ、ヨコハマタイヤ、グッドイヤー、コンチネンタル、ハンコック、ミシュラン、ピレリなどの誰もが1度は聞いたことのある企業の紹介です。

v

v

国内・国外のタイヤメーカー

国内・国外問わず様々あるタイヤメーカー。
タイヤ選びの1つの方法として、「 ロゴマークが気に入った」「このメーカーの歴史が格好良い」などの理由で、タイヤを選ぶの1つの手である。
今回は、各メーカーのロゴマークと歴史や特徴を簡単にまとめたので、是非タイヤ選びの参考にして欲しい。

BRIDGESTONE(ブリヂストン)

img_logo-101

「最高の品質で社会に貢献」し、日本・世界のマーケットリーダー。
世界最大のタイヤ会社。

 

DUNLOP(ダンロップ)

img_logo-102

タイヤを求めるすべての人。
日本初となる自動車用タイヤを製造したメーカー。
1888年から続くダンロップブランドはこれからも続く。

 

YOKOHAMA(ヨコハマタイヤ)

img_logo-103

2017年に創業100周年を迎えるタイヤメーカー。
スポーツから始まるその歴史から見える、今も拘りのある商品ラインアップ。

 

TOYOTIRE(トーヨータイヤ)

img_logo-104

専用タイヤ発想に基づき、先進の技術力と高い信頼性を確保する為の過酷なテストを繰り返し、商品化を続ける。

GOODYEAR(グッドイヤー)

img_logo-106

F1で360勝を達成したタイヤメーカー。
古代神話の神マーキュリーを由来としたそのロゴは今もグローバル展開を続ける。

Continental(コンチネンタル)

img_logo-108

自動車が誕生する15年前から始まったその歴史。
タイヤに留まらず自動車パーツ関連のトータルサプライヤー。

HANKOOK(ハンコック)

img_logo-110

韓国No.1タイヤメーカー。
日本に生産拠点を保有しない純粋な輸入ブランドとしてはNo.1の国内販売量を誇る。

 

MICHELIN(ミシュラン)

img_logo-112

1880年に設立。
170ヶ国を超える国々にタイヤを供給し、製造施設は69ヶ所に上るグローバルタイヤメーカー。
世界各国でミシュランガイドを発刊することでも有名。

 

PIRELLI(ピレリ)

img_logo-114

1872年創業。
2011年から現在まで、F1の単独サプライヤーとして君臨し続けているグローバルタイヤメーカー。

 前の記事へ 次の記事へ 

タイヤを知る 新着記事

タイヤを知る 記事一覧に戻る