• タイヤフッドマガジン
  • 新着情報
  • タイヤを知る
  • タイヤを選ぶ
  • メンテナンス
  • オススメ
  • ホイール
  • 特集記事
このサイトについて
プライバシーポリシー

タイヤを知る

あなたのそのタイヤの知識、本当に合っていますか?
間違った知識のままだと損をしてしまう、なんて可能性も。
正しいタイヤの知識を身につけ、楽しいカーライフを手に入れましょう。

タイヤローテーションが必要な理由とは?実施方法とポイント解説

2017.10.12 (Thu)
Adorable little girl helping her father to change a car wheel outdoors on beautiful summer day

Adorable little girl helping her father to change a car wheel outdoors on beautiful summer day

季節の変わり目にノーマルタイヤからスタッドレスタイヤへ交換したり、
タイヤの経年劣化などにより新品に交換しなければならないことはよく知られています。

しかし、新品のタイヤで普通に車に乗っているだけでも、
タイヤの溝の減り具合は前後輪で差があるということをご存知でしょうか。
そのための一つの対策として有効なのが「タイヤローテーション」です。

タイヤローテーションとは?

一般的なFF車の場合、エンジンはフロント部分にあり、
前輪タイヤで車体を引っ張っています。
そのため、後輪にはエンジンの動力は直接的に伝わらず、
前輪にエンジンのエネルギーが集中することになります。

当然、タイヤに大きな負荷がかかるのは前輪であり、
後輪は前輪に引っ張られているだけなので圧倒的に負荷は小さいといえます。

さらに運転者や助手席に人が乗ることで
荷重がかかる頻度もフロント部分が圧倒的に多いため、
必然的にFF車の場合は前輪が摩耗しやすいという特徴があるのです。

そこで、4本のタイヤの摩耗度合いを均一にし、
タイヤをできるだけ長く使用するために「ローテーション」という作業を行います。
これはその名の通り、前後のタイヤを定期的に入れ替えるという作業ですが、
タイヤローテーションを行うことで
タイヤの寿命を飛躍的に向上させることが可能になります。

ローテーションの方法とポイント・実施のタイミング

タイヤローテーションの方法は単純で、
フロントの2本のタイヤを後輪に、
リアの2本のタイヤを前輪に付け替えます。
ただし、FF車・FR車・4WD車によって
その付け替える位置が変わってくるため注意が必要です。

・FF車の場合

 フロント左→リア左

 フロント右→リア右

 リア左→フロント右

 リア右→フロント左

・FR車、4WD車の場合

 フロント左→リア右

 フロント右→リア左

 リア左→フロント左

 リア右→フロント右

このように、FF車の場合は
リアタイヤをフロントにクロスするように入れ替え、
FR車や4WD車の場合は
フロントタイヤをリアへクロスするように装着します。

ローテーション実施のタイミングは
5,000kmごとがよいとされていますが、
特にFF車の場合はFR車に比べて
摩耗の度合いも高いため、
こまめにローテーションをすることが重要です。

方向性タイヤについて

FF車やFR車、4WD車によってタイヤのローテーション方法は違いますが、
1点注意しなければならないポイントがあります。
それが「方向性タイヤ」をローテーションする場合です。

方向性タイヤとはその名の通り、
タイヤの回転方向が指定されているものです。
タイヤのサイドウォールに左右どちらかに矢印が記載されており、
その方向にタイヤが回転するように装着しなければなりません。
これはタイヤのトレッド面のパターンが左右非対称で、
排水、走行性能などを向上するためのものです。

もしも指定方向とは逆にタイヤを装着してしまうと、
タイヤのパフォーマンスが著しく低下し
安全性を損ねてしまう危険性もあるため注意が必要です。

そして、方向性タイヤをローテーションする場合は、
左右のタイヤをクロスして入れ替えるのではなく、
左右の位置はそのままに、前後の位置だけを入れ替えるように装着します。

・方向性タイヤの場合

 フロント左→リア左

 フロント右→リア右

 リア左→フロント左

 リア右→フロント右

タイヤローテーションにかかる費用は?

タイヤローテーションは車体からタイヤホイールを取り外し、
位置を変えるだけなので
ジャッキやレンチなどがあれば自分で行うことも十分可能です。

しかし、大きなサイズのタイヤや
ナットが固く締まって取り外すことができないという場合などは、
ディーラーやカー用品店などの業者に依頼するという方法もあります。
ホイールの組み換えが必要なく、
タイヤの脱着のみなので工賃も安く行うことができるのです。

業者によって工賃も若干変わってきますが、
平均的な金額はタイヤ1本あたり500円程度、
4本で2,000円程度の工賃でタイヤローテーションを行うことができます。

業者に作業を依頼するメリットとしては、
まず第一に専門の作業員が安全に作業をしてくれるということと、
作業の手間と時間を短縮できるということに尽きます。

普段からタイヤ交換に慣れていないという人は、
タイヤローテーションも業者に依頼するのがベストといえます。

タイヤは車の中でも高価な消耗品です。
できるだけ長く効率的に使用することで、
タイヤの寿命を向上することも可能です。

今回ご紹介したタイヤローテーションは、
効率よく4本のタイヤを使用し続けるために有効な方法の一つです。
また、こまめにタイヤの状態を知る機会にもなるため、
定期的にローテーションを行うようにしましょう。

この記事を書いた人

編集部編集部
TIREHOOD MAGAZINE編集部

タイヤの基本から豆知識、お役立ち情報を紹介!
みなさんの生活を豊かにするカーライフインフォメーションをお届けします。

タイヤの選び方

国内外の有名ブランド新品タイヤをネットだからできる納得価格で販売。