• タイヤフッドマガジン
  • 新着情報
  • タイヤを知る
  • タイヤを選ぶ
  • メンテナンス
  • オススメ
  • ホイール
  • 特集記事
このサイトについて
プライバシーポリシー

タイヤを選ぶ

難しいと思われがちなタイヤ選び。
見るポイントさえ分かっていれば、実はとても簡単なのです!
タイヤ選びが更に楽しくなる秘策をお伝えいたします。

タイヤを選ぶなら知っておきたい「チューブレスタイヤ」

2016.12.26 (Mon)初心者向け

good

チューブレスタイヤってなに??

チューブレスタイヤとは、その名の通りチューブが入っていないタイヤです!

Tire tube

ジャーン!!
これがいわゆる「タイヤのチューブ」というヤツです*

タイヤのなかに、こんなチューブが入っていると、
「チューブタイヤ」

チューブが入っていないなら、
「チューブレスタイヤ」というわけ!

「チューブがないなんて、ひょっとして珍しいタイヤなのかな??」
なんて思われるかもしれませんが、、、
じつは、現在ほとんどの車に使われているタイヤこそ
チューブレスタイヤなのです!!

 

いまの車はほとんど「チューブレスタイヤ」です!

「ええーッ!タイヤってチューブがあるものじゃないの?」
というのなら、もしかしてそれって
自転車のタイヤのイメージがあるんじゃないですか?

「車に乗るようになってからはめっきり乗る回数がしまったけど、。。。
昔はよく乗っていたし、何度もパンクしては修理してもらったよ!」
とか、
「まだまだ現役!近いところなら車じゃなくて自転車で行っちゃうよ〜」
なんて人もいるのでは?

自転車の場合、タイヤのなかにチューブがあって、
そこへ空気を入れますよね?

tire

bike

しかし、チューブレスタイヤの場合は、チューブがない。。。
というわけで、空気は直接タイヤに送りこみます!

%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%a4%e3%83%95%e3%83%83%e3%83%88%e4%bd%9c%e5%9b%b3

 

ホイールとタイヤにすき間があると空気が漏れちゃいますが;
そこは心配いりませんよ〜。
ホイールとタイヤが合わさるところは、ぴったりと密着して
空気が漏れないようになっているのです!!

いま使われているタイヤはほとんどがチューブレスですが、
一部のトラック・バス・トラクターなどでは
まだ現役でチューブタイヤが使われているんですよ◎

 

 

チューブレスタイヤはこんなタイヤです!

チューブレスタイヤのメリットは、
パンクしても空気の抜けるスピードが遅いところ!

「タイヤのパンク」というと、あっという間に
空気が抜けてしまうイメージがありませんか??
しかしチューブレスタイヤの場合、釘などを踏んでしまっても
急激な空気抜けが起きにくくなっています◎

だから、万が一パンクしてしまっても、すぐにホイールだけで
支えなければならない。。。という状況になりづらいんです*

もちろんバーストしていきなり破裂してしまうという
可能性もゼロではないので注意したいところです;

そして、走行中熱くなりやすいタイヤの空気ですが、
チューブを隔てていないチューブレスタイヤの方が
上手に熱を発散できる、というのも
チューブレスタイヤが多く普及したポイントですね!!

ただ、チューブタイヤよりも難しくなってしまったことがあります;
それが、タイヤの「組み付け」です。。。

「組み付け」とは、タイヤとホイールを組み合わせることをいいます。

チューブレスタイヤのなかに空気をしっかり閉じ込められるように、
タイヤとホイールはぴったり組み付けなければなりません。

組み付けは「タイヤチェンジャー」という道具を使って
行うのが一般的なのですが、、、
不慣れな人が人力で組み付けるのって難しいんです。

組み付けが必要な場合は、プロの手を借りるのが安心ですね*

 

この記事を書いた人

編集部編集部
TIREHOOD MAGAZINE編集部

タイヤの基本から豆知識、お役立ち情報を紹介!
みなさんの生活を豊かにするカーライフインフォメーションをお届けします。

タイヤの選び方

国内外の有名ブランド新品タイヤをネットだからできる納得価格で販売。