2016.12.14

高性能な格安タイヤの見分け方

タイヤ選びの基準は車種、あるいは求める機能によって異なります。性能はもちろん、価格も重要なポイント。高性能かつ手頃な値段、というのが多くのドライバーの理想なタイヤをご紹介いたします。

Close-up of new winter tire background or texture

Close-up of new winter tire background or texture

タイヤ選びの基準は車種、あるいは求める機能によって異なる。

性能はもちろん、価格も重要なポイントだろう。

高性能かつ手頃な値段、というのが
多くのドライバーの理想なのではないだろうか。

 

高性能なタイヤは値段もそれなりのもので
安価なタイヤの性能は値段相応。

これはタイヤに限らず言えることだろう。

機能性と値段は比例するものだ。

 

そんな中でも、いちドライバーであればタイヤの質にも価格にも妥協せずこだわりたいもの。

 

実際、十分な機能がありながら価格も抑えられたタイヤなど、存在するだろうか。

 

キーワードは「型落ち」「セカンドブランド」「アウトレット」

 

それは「型落ちタイヤ」。

電化製品などにもよく見られる「型落ち」。

最新モデルが登場したことで売れ残ってしまった製品を特価で販売するときに、
「型落ち」「アウトレット」と表記して売り出す場合がある。

現行ブランドから引き下げて、「セカンドブランド」として販売するメーカーも存在する。

 

この場合、最新のものに比べて半額近い値段で購入することも可能だ。
現行モデルのひとつ前のモデルであれば、まだまだ性能も保証されていると考えていい。

一方で、ゴムで出来ているタイヤは経年劣化に抗えない。

 

保存状態の確認を怠るべからず

「型落ち」「アウトレット」「セカンドブランド」などのタイヤを購入するときには注意が必要だ。

 

必ず、そのタイヤの保管状態をしっかり確認すること。

 

0y8a0777_re

 

タイヤは、一度も使用されていない場合でも、経年劣化によって品質が変化してしまう。

 

車に装着して走行していない場合、タイヤは「新品」として扱われる。

だが、その「新品のタイヤ」の製造年数が現在より3年前であった場合は、
「寿命も3年短い」タイヤであるということを、頭に入れておかなくてはならない。

 

型落ちしたタイヤ、セカンドブランドのタイヤを購入する場合には、
必ずタイヤに表記されている製造年月を確認すること。

 

早く在庫処分をしたいがために客に有無を言わさず
購入に踏み切らせるという悪質な店もある。

タイヤに詳しくないからと、販売店の言いなりになってしまうのは危険だ。

タイヤメーカーのCMでも言われているように、「タイヤは命を乗せて走っている」。

安さに特化したタイヤは、劣化したものかもしれない。

劣化したタイヤに、命を任せることはできないだろう。

 

タイヤの品質と価格の関係は密接。

低価格に抑えることばかりを考えていては、それだけ安全性が欠如するということ。

安全運転ばかりがドライバーの使命ではない。
タイヤの品質をしっかり確認してこそ、快適な運転が実現するのだ。

 

 

 前の記事へ 次の記事へ 

タイヤを選ぶ 新着記事

タイヤを選ぶ 記事一覧に戻る
TIREHOOD(タイヤフッド)