• タイヤフッドマガジン
  • 新着情報
  • タイヤを知る
  • タイヤを選ぶ
  • メンテナンス
  • オススメ
  • ホイール
  • 特集記事
このサイトについて
プライバシーポリシー

タイヤを選ぶ

難しいと思われがちなタイヤ選び。
見るポイントさえ分かっていれば、実はとても簡単なのです!
タイヤ選びが更に楽しくなる秘策をお伝えいたします。

価格にこだわりたい人のタイヤ選び

2016.12.27 (Tue)初心者向け
pixta_26203138_xl_re

city

 

タイヤは決して安い買い物ではない。
安く手に入れば嬉しいものだろう。

しかし、タイヤは高性能なほど高価なもの。

「良いタイヤを安く買いたい!」
というのが、多くのドライバーの本音ではないだろうか?

価格にこだわる方のためのタイヤの選び方をご紹介していこう。

 

 

安さを求めるならセカンドブランド!

安いタイヤが欲しい方には
セカンドブランドのタイヤがオススメだ。

セカンドブランドとは、
現時点の一つ前に「トップ性能」として販売されていたものを指す。

家電などの“型落ち”製品と同じように考えると良い。
最新の製品ではないため価格は安いが、
信頼のおけるメーカーで製造されるタイヤであるため
品質はしっかり確保されている。

「安値で買いたいとは言っても、安ければ安いで懸念してしまう」
という方でも安心の良品だ!

 

最安値はネットで中古タイヤ購入

ネット通販では店舗価格より安いものを多く見つけられる。
中古タイヤならかなり安い。
とにかく安いものが欲しい方にとっては魅力的だろう。

しかし、注意しなければならない点もある。

中古タイヤの状態を把握するのにはコツがいる。
できれば自分の目で見て確認し、入荷のルートなども知った上で判断したい。
ネットショッピングや保証の利かないオークションで
実物を見ずに購入するのはリスクが高いのだ。

冒険したいのであれば止めはしないが、
長い目で見ると、かしこい買い物と言えるかどうかは疑問なところがある。

 

トップ性能を求めるならトップブランド

「高価でも問題ない、むしろ高級タイヤを履いてみたい!」
という方は、トップブランドのタイヤを選ぶと良いだろう。

トップブランドのタイヤは
現時点で、そのメーカーで一番性能の良いタイやである。

当然、その分高価にもなるが…
「最新の技術が盛り込まれている、最高のタイヤである」
というメーカーの自負に対して
投資したいと思うのなら、買いだ。

 

 

自分の好みや予算と相談してタイヤを選ぼう

最新の性能は求めていないという方にとっては、
コストパフォーマンスが良いセカンドブランドのタイヤが良い。

高い性能を楽しみたい方は
トップブランドのタイヤの方が満足できる。

自分のクルマを持ってれば、タイヤを含むランニングコストは
どうしても気になる点だと思う。
賢いタイヤ選びで良い買い物をしよう!

この記事を書いた人

T.KT.K
TIREHOOD MAGAZINEライター

タイヤは何でもいい派だったが、最近、車を購入して一気に車熱到来!
どのタイヤとホイールに履き替えるか、夢膨らむ毎日を過ごしています。(笑)
週末は、自慢の愛車でドライブするのが今の楽しみです。

タイヤの選び方

国内外の有名ブランド新品タイヤをネットだからできる納得価格で販売。