2019.10.15

ピレリタイヤの価格や評判を解説!売れ筋の人気商品はどれ?P1・P6・P7・スコーピオンの性能は?

そろそろタイヤを新調するタイミングだという皆さん、多くのタイヤの中から最適なものを選ぶのは至難の業だと感じることもあるのではないでしょうか。

自分に合ったタイヤが見つかった場合でも、それがちゃんとしたメーカーのものなのか調べることは必要です。

特に今回紹介するピレリタイヤは日本であまり浸透していない為、手を出せないでいるケースもあるでしょう。

そんなピレリタイヤの評判や売れ筋商品をご紹介します。

ピレリタイヤとは

ピレリとはイタリアのミラノに本社を置くタイヤメーカーです。

日本ではあまりお馴染みのない方もいると思いますが、実はタイヤメーカーとして世界第6位のシェアを誇っています。

ピレリタイヤはF1のレースで採用されているため、その性能の高さは折り紙つきです。

2015年に中国化工集団の参加に入り、タイヤの製造もイタリア以外に中国を含む世界20カ国の製造工場を稼働させています。

生産コストを削減することで、高価で高性能のタイヤだけでなく安くて良い品質のタイヤを消費者に届けているのです。

ピレリタイヤの種類

ピレリタイヤにはP ZEROシリーズCINTURATO シリーズSCORPIONシリーズDRAGON SPORTシリーズが発売されています。

それぞれ対応サイズや性能、価格帯が違いますので好みのタイヤを探してみて下さい。

ピレリタイヤの価格と評判

スポーツカーの純正タイヤとして指定されていることも多く、フェラーリやマセラティなどのタイヤに使われているイメージがあると思います。

しかしレースで培った経験や品質は市販のタイヤに反映されおり、高い性能を提供しています。

P ZEROシリーズはやはり高価

F1レース参加の経験から得られた知識を、このP ZEROに注ぎ込んでいる訳ですから高価なのは当たり前というところでしょう。

その分ピレリ独自の高い運動性能を持っている製品です。

ピレリを代表するP ZEROですから、価格より性能に目を向ける購入者がほとんどであると推測されます。

P ZEROの評判

グリップ力も高く、攻めてもしっかりと応えてくれるという意見が多く出ました。

やはり高い運動性能がドライバーの心を鷲掴みにするようです。

そんな高い運動能力を持ちがなら静粛性が高く、文句無しの静かさを提供してくれる点に一票を投じる方もいました。

ウェット性能も高く、深めの水溜りに進んで行っても難無く通り抜けられるとの声もあります。

ステアのレスポンスも早く、きちんと仕事をこなすタイヤだといえそうですね。

お手頃なのはCINTURATOシリーズ

P ZEROシリーズと同じピレリでありながら、CINTURATOは他の国産タイヤと比べても安いのが特徴です。

ピレリタイヤはスポーツカーのタイヤとして知られていますから、これほど安価で売られていることに驚くかもしれません。

CINTURATOの評判

CINTURATOシリーズはただ安いだけでなく、性能も値段以上で満足している方がほとんどです。

ピレリの名前を知らずに買ったという方も、その静粛性や乗り心地の良さについて高評価しています。

これまで国産タイヤに目を向けていた購入者も、「ピレリ」という選択肢を増やす可能性があるシリーズです。

売れ筋の人気商品は?

その高性能を見せつけてくれる高価なP ZEROシリーズが売れ筋商品かと予想していた方もいるかもしれません。

しかしピレリタイヤといえども、売れ筋のタイヤは「安くて良いもの」となっています。

ピレリを知らずに買っている方もいますから、当然の結果といえるのではないでしょうか。

1番人気はDRAGON SPORT

アジア・パシフィック向けに開発されたプレミアタイヤで、17〜20インチのサイズが発売されています。

「スポーツ」と名付けられてはいるが、運動性能だけが優れているわけではありません。

グリップ力などの運動性のほか左右非対称の溝により排水性も重視されています。

もちろん環境性も考慮に入れたバランスの良いタイヤに仕上がっています。

購入者の声

この価格帯で考えたら、DRAGON SPORTが1番お薦めのようです。万人から支持されるタイプのタイヤとの意見もあります。

非常に柔らかい乗り心地が受けている一方、剛性感が欲しい人は物足りなさを感じるでしょう。

街中で走る分にはロードノイズは気にならない程度のようです。

独特のデザインに好みが分かれるとの声もありました。

CINTURATO P1

CINTURATO P1はピレリにおけるベーシックグレードのタイヤで、シティーカーやコンパクトカー向けに作られました。

ドライ路面はもちろんのことウェット性能も高いため、雨の日でも快適に運転することができます。

転がり抵抗が軽減され、スーッと滑るように走り出す感覚を体験できるはずです。

性能

一部のサイズでランフラットタイヤを採用しています。

ピレリのランフラットタイヤは最高級のプレミアムカーやSUV用として開発されたもので、パンクした後でも一定の距離を走行することが可能です。

ここで少しランフラットタイヤの持つメリットとデメリットをご紹介します。

ランフラットタイヤのメリット

まず第1のメリットは、パンクしても近くの修理工場まで走行できるためJAFを呼ぶなどの対策が不要という点。

特に高速道路走行中にパンクした場合、路上に停止したり車から降りることになると思います。

それにより追突事故が引き起こされるなどのリスクがありますが、それを減らすことができるでしょう。

第2のメリットは、スペアタイアが不要であること。

パンクしたタイヤをスペアタイヤに履き替えずに済むことで、スペアタイヤを常に車に積んでおくことが不要となります。

その分車に余裕のある空間が生まれるとともに、積載量の減少により燃費の向上も可能です。

ランフラットタイヤのデメリット

ランフラットタイヤは高価である点が最も大きなデメリットです。

その為、一部の海外製のタイヤ以外にランフラットタイヤを採用しているところは少ないようです。

その点ピレリタイヤはエコタイヤにおいても、一部のタイヤにランフラットを採用しているという貴重な存在です。

その他のデメリットとして乗り心地の硬さがあります。

フラットタイヤのサイドウォールは強化されており、パンクした時でもタイヤが潰れないように工夫しています。

それによりどうしてもタイヤに硬さがでてしまうのです。

ピレリタイヤの場合もサイドウォールに特別な強化構造を追加していますので、乗り心地の硬さを感じることがあるかもしれません。

評判

コストパフォーマンスが優秀だという意見が多くありました。値段以上の性能の良さが気に入られたようです。

安かったので少し不安があったが、実際乗ってみたらウエットグリップが思った以上に安定していたとの声もあります。

柔らかくて静かで乗り心地はとても良いという好感触な意見が多く見受けられました。

商品はこちらで確認できます。

>>PIRELLI CINTURATO CINTURATO P1 175/65R15 84H | タイヤの通販 販売と交換/取付予約のTIREHOOD

CINTURATO P6

CINTURATO P6は中小型車向けに作られており、軽自動車やミニバンにも対応しています。

転がり抵抗と耐摩耗性を改善し、乗り心地にも配慮したバランスのとれた低燃費のエコタイヤです。

性能

ウェット性能を高める為、効率よく水を排出できるようタイヤ溝の配置にこだわりを持っています。

また路面とタイヤの接地面製と圧力のバランスを整えた結果、ブレーキ性能が上がりました。

スポーツ性能は高くないですが、普段使いに適したタイヤだといえるでしょう。

評判

走り出しが軽く、どんな路面でも滑らかな走りをしてくれるそうです。

コーナーでもふらつかず安定して曲がれるし、ウェットの時でもグリップ力が高くて満足という言葉もありました。

状態の悪い路面では低音のノイズが耳につくという方もいましたが、普段使いには十分なタイヤであると評価を受けています。

商品はこちらで確認できます。

>>PIRELLI CINTURATO CINTURATO P6 175/65R14 82H | タイヤの通販 販売と交換/取付予約のTIREHOOD

CINTURATO P7

中大型セダン向けのエコタイヤで、一部のサイズでランフラットを採用しています。

P ZEROシリーズと同様に、プレステージカー向けのハイパフォーマンスタイヤとして開発されたタイヤです。

CINTURATOシリーズの中でもトップモデルとして登場し、P ZEROシリーズで培った4本溝も刻まれています。

性能

ややスポーティ寄りで、運動性能重視の左右非対称パターンのトレッドが特徴です。

左右非対称パターンにすることで、タイヤの内側と外側がそれぞれ静粛性と排水性、転がり抵抗の低減などを実現しています。

評判

高速道路を走行しても、継ぎ目の段差が気にならないくらい乗り心地が良いとのこと。

振動や路面からの音が気にならないという評価がある一方、路面の状態が悪い場所だとロードノイズが少しうるさく感じるという意見もありました。

ゴムが硬めなので、接地感が伝わってくるのが好きというコメントも見受けられます。

スコーピオン

SUVおよびクロスオーバー用タイヤとして最新の構造やトレッドパターンを活用して生まれました。

一部サイズでランフラットタイヤが採用されています。

燃費の良い走りを実現する一方でCO2排出量を削減するなど、乗り心地の良さと環境に配慮しているモデルです。

性能

トレッドパターンはCINTURATO P7と同じ左右非対称です。


重心の低いSUVでもしっかり反応してくれるグリップが快適さを提供してくれます。

人や荷物を多く乗せるSUVとしては剛性を備えるのはもちろんのこと、路面の段差をしなかに捉えるバランスを持ち合わせているのです。

評判

価格が魅力的で購入の際の1番のポイントになったという意見が多くありました。

他メーカーのSUR用タイヤに比べて販売価格が安いことが多いので、予算的に助かるようです。

また静粛性が高く、心配していたロードノイズが気にならないところも高評価を受けています。

商品はこちらで確認できます。

>>PIRELLI SCORPION SCORPION VERDE 215/70R16 100H | タイヤの通販 販売と交換/取付予約のTIREHOOD

最後に

今回はピレリタイヤの評判を中心にご紹介しましたが、参考になりましたでしょうか。

ピレリタイヤは日本で取り扱っている店が少ないので、情報を得るのが一苦労かもしれません。

しかしタイヤで車の乗り心地は変わってくるものです。

どの性能を重視するのか比較検討した上で、本当に納得できるタイヤを見つけましょう。

 前の記事へ 次の記事へ 

タイヤを知る 新着記事

タイヤを知る 記事一覧に戻る
TIREHOOD(タイヤフッド)