スタッドレスタイヤには使用限度の目安があります!

スタッドレスタイヤの使用期限について。溝さえ残っていればまだ変えなくていいのか、買ってから何年か決まっているのか、寿命はいつなのか。交換時期の判断基準がわからないなどお悩みの方にポイントを紹介していきます。

知ってますか??スタッドレスタイヤの使用限度

「スタッドレスタイヤって、溝さえ残ってればずっと使えるの?」
「買ってから◯年まで!とか、、、はじめから寿命が決まってるの?」

雪道や凍った道路を運転するときに欠かせないスタッドレスタイヤ。
今では多くの人に使われているけど、、、
「寿命」について、詳しく知ってますか?

実は、スタッドレスタイヤには明確な寿命が決められていません。

「えっっ!それならどうやって判断すればいいの?」
そんな声が聞こえてきそうですが;
そうですよね、、、判断基準が分からないと困っちゃいますよね。

スタッドレスタイヤの寿命をチェックするには、
いくつかおさえておきたいポイントがあります!
それさえ知っておけば、今日からあなたも
スタッドレスタイヤ☆マスターになれちゃいますよ*

 

スタッドレスタイヤの磨耗レベルをチェックしよう!

スタッドレスタイヤが使えるかどうか判断するのにとっても大切なのが、
磨耗レベルのチェックです!!

0y8a0751
スタッドレスタイヤの表面には、太くて深い溝と、細くて細かい溝があります。
太い溝で雪をガッチリ掴み、細かい溝は
凍った路上の滑り止めとして機能しているんです*

タイヤはゴムでできていますよね??
「ゴム」VS「アスファルト」なので、道路を走るだけでも
タイヤの表面はどんどん磨耗していきます。

スタッドレスタイヤは、寒くても性能を保てるように、柔らかめのゴムでできています。
普通に走っても磨耗していくタイヤですが、、、柔らかい分、普通のタイヤより
スタッドレスタイヤの方がどうしても磨耗しやすいんです。。。

 

替え時のサインはプラットフォーム!!

磨耗しやすいスタッドレスタイヤは、表面の溝が限界に達したら
滑り止めとして機能しなくなります;

そして、交換の合図として目印になるのが「プラットフォーム」です!

slipsign

このプラットフォーム、スタッドレスタイヤの溝のすきまに
こっそり隠れています。
使い始めは奥の方にあるんですが、表面が磨耗していくと、
どんどん見えやすくなってくるんです!

タイヤの表面とプラットフォームが同じ高さになったら
スタッドレスタイヤ交換の合図!

ちゃんと滑り止めが機能しないのは怖いので;
安全のためにも、マメにチェックしてみてくださいね*

 

車のプロが見るのはこんなところ!

スタッドレスタイヤの寿命を知るのに気をつけたいポイントがもうひとつ、
それが、ゴムの劣化です!!

使用環境にもよりますが、
スタッドレスタイヤのゴムの寿命は約3年と言われています。
例え使わなかった年があっても、この3年の中に含まれているんです!

買ったばかりのスタッドレスタイヤは、しなやかで柔らかめのゴムですが、
保管状態が悪かったり、買ってから何年か経過していて
ゴムが硬化してしまっている場合が。。。

ゴムが硬化していると、タイヤの溝が残っていても
スタッドレスタイヤに必要な滑り止めの力が発揮できないんです;

見た目が大丈夫そうでも、滑り止め効果がなければ意味がありませんよね?
溝だけで判断せず、ゴムが劣化していないか
併せてチェックすることが大切なんです*

せっかく買ったスタッドレスタイヤ、、、元はしっかり取りたいですよね。
でもね、安全だけは最優先で考えてくださいねっ!

 前の記事へ 次の記事へ 

タイヤの手入れ 新着記事

タイヤの手入れ 記事一覧に戻る