サマータイヤの寿命は3つのポイントでチェック♪

サマータイヤの寿命を見極めるための3つのポイントをご紹介していきます。スタッドレスと違い長期間使用するため普段の走り方のクセや使用環境が大きく関わってきて摩擦の仕方や劣化スピードにも大きく影響します。

知ってますか??サマータイヤの替え時☆

サマータイヤは春〜秋にかけて使うタイヤです!
国産車を買ったときについてくるタイヤは、ほとんどがこのサマータイヤ。
というわけで、、、とっても馴染みのあるタイヤなんです!!

スタッドレスタイヤと違って長い期間活躍しますので、
寿命のチェックもしっかりしておきたいですよね♪

タイヤのゴムの劣化が目立ち始めるのはだいたい4年くらい。。。
ですから、タイヤ交換のサイクルも4年前後が目安となります!

もちろん走り方のクセや使用環境で
磨耗のしかたや劣化スピードは変わります!
あまり「4年」という目安にとらわれず
タイヤの状態をチェックするのがオススメです◎

 

製造年数をチェック

タイヤはゴムでできているので、
作られた年数というのがとっても重要!!
その理由は、使っていてもいなくても
古くなるほどに質が劣化していくから。。。

「製造年数の調べ方なんてわからない;」
そんな風に焦っているなら、、、
落ち着いてタイヤの側面に注目してみてください♡*

タイヤの側面のことをサイドウォールといいます。
実はこのサイドウォール、、、タイヤに関する情報が
ちゃーんと書いてあるというスグレモノなんです☆☆


img_0550%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc


画像の4ケタの数字のうち、下2ケタが「そのタイヤ作られた年」、
その前にある2ケタが「その年の何週目に作られたのか」を示しています。
これなら自分のタイヤが何年目なのかわかりやすいですよね!!
もし4年以上経っていたら、買い替えを検討してみてはいかがでしょうか??

 

ひび割れしてない??表面をチェック

タイヤのゴムには油分が含まれてるって知ってました?
この油分の役割は、タイヤのひび割れを防ぐこと。
年数が経つにつれ、この油分が
だんだん抜けていって、劣化していくのです。。。


0y8a0797

 

使用環境によって劣化スピードが早まることがありますので、

・ひび割れているところがないか??
・亀裂が入っていないか??
・キズついている部分はないか??

タイヤの表面をしっかりチェックすることが大切ですよ☆

 

ツルツルになってない??溝をチェック

車が走った分だけ、タイヤの表面が減っていきますよね。
この磨耗具合のチェックも寿命に深く関係しています。

サマータイヤの溝の奥には、スリップサインと呼ばれる部分があります。
その名の通り、溝の奥にあるスリップサインが見え出したら
「スリップしやすくなってるよ〜」という目印に!!

 

0y8a0798_natsu_ss

 

スリップサインが完全にむき出しになったら、そのタイヤは寿命です。。。
ただ、むき出しになる手前でもスリップしやすいことに変わりはないので、
寿命がきてしまう前に、次のタイヤを見つけておいてくださいね*

 

 

なるべくこまめにタイヤをチェックしましょう!

タイヤの寿命に気づくのはどんな瞬間ですか??

・ガソリンスタンドで指摘された
・車検でひっかかった
・ブレーキの効きが悪いと感じて見てみたら。。。

きっと、こんなパターンが多いのではないでしょうか。

事故やパンクが起きてから後悔するなんて、、、絶対イヤですよね;
普段からこまめにチェックしておけば、
安全安心*ですよ〜!!

 

 

 前の記事へ 次の記事へ 

タイヤの手入れ 新着記事

タイヤの手入れ 記事一覧に戻る