タイヤの保管方法で寿命が変わる!?

タイヤの保管方法によって寿命が変わるってことご存知でしたか。履き替えの際には走行中についた汚れをしっかりと落としてから、水分が残っていないようにちゃんと乾燥をしましょう。そうすることによって変質やひび割れを防げます。

auto-92129_s

みなさんは履き替えたタイヤをどのように保管していますか?

「場所も取るし、保管場所に困る」

というのも本音ですよね。

しかし、タイヤは正しい保管方法で寿命が長くなるんです!

よく、履き替えたタイヤをそのまま積み重ねて保管している光景を目にしますが、、、

実は、この保管方法ではタイヤの寿命を短くしているだけなんです。

「買ったばかりだから次のシーズンに履き替えようと思ったら、ひび割れが出来ていた」

と思わぬ出費をすることに、、、なんてこともありうるんです。

タイヤは丈夫に出来ているから、多少雑な扱いをしても大丈夫!

と思われがちですが、、、

タイヤの材質はあくまでも「ゴム」だということを忘れてはいけません。

次のシーズンにもタイヤの性能を維持することができれば、余計な出費も減り、

ひと冬を安全に過ごすことができるのです。

 

 

汚れはきれいに落としましょう

雨や泥道など、タイヤは厳しい条件下で使用されています。

ですので、自ずと汚れが蓄積されているのです。

洋服も、汚れたものは洗濯をしないとカビなどの原因になるため、洗濯しますよね。

タイヤも同様、

汚れたままでは、劣化の原因になります。

特に冬場は、雪を溶かすため融雪材(塩カル)が撒かれていること多いです。

この融雪材(塩カル)は、

タイヤの劣化やホイールの錆びの原因にもなるため、保管前は必ずキレイに洗いましょう。

また、タイヤの洗浄は基本、「水洗い」だけでok です。

洗剤を使って洗わないと。。。

と思われがちですが、ゴム本来が持つ保護成分を流してしまう恐れがあるため、

必要以上に洗剤は使わないようにしましょう。

 

 

しっかりと乾燥させる

乾ききっていない、水分のついた状態のまま保管すると、

タイヤの変質やひび割れの原因になるので要注意です!

しっかりと乾かす!これが基本です。

また、洗車をしたらタイヤワックスを塗るとさらに綺麗に見えるため、

ついつい塗ってしまいますが、、、

このワックス、石油の成分が入っているとタイヤにダメージを与えてしまいます。

特にシワやヒビが入っていると、そこからタイヤ内側に浸透してしまい、

劣化の大きな原因になってしまうので注意しましょう。

 

 

専用のカバーをかけましょう

タイヤのゴムは、

「直射日光」「紫外線」「雨風」に長時間さらされると劣化の原因になります。

それを防いでくれるのが、タイヤ保管専用のカバーを掛けることです!

 

cover

タイヤカバー タイヤ 収納 に便利!【適合φ63cm×30cm迄】4p set ポリエステル オックス300D 生地採用 取っ手付で持ち運び楽々!厚手丈夫な300Dオックス生地!

【Amazon】

【楽天】

 

タイヤ専用カバーは、

遮光性や防水性に優れているのでタイヤの劣化を抑える事が可能なんです。

もし、タイヤ専用のカバーが用意できない場合は、市販のビニール袋を代用するのも1つの手です。

市販のビニール袋であれば、簡単に手に入りますよね。

また、ビニール袋に入れたうえで市販のタイヤ専用カバーを使うとより効果的ですよ。

 前の記事へ 次の記事へ 

タイヤの手入れ 新着記事

タイヤの手入れ 記事一覧に戻る
TIREHOOD(タイヤフッド)