タイヤホイール購入の重視点は「価格」…タイヤホイールに対する意識や購買行動に関する調査

 GfKジャパンは、タイヤホイールに対する意識や購買行動に関するインターネット調査を実施し、その結果を発表した。調査対象は、自動車保有者18,570名。

 タイヤホイールの購入経験について尋ねたところ、62%が「過去に購入経験がある」と回答した。「5年以内に購入したことがある」と回答したドライバーは、35%だった。

 「5年以内のホイール購入経験者」の購入のきっかけを調べると、「新しく冬タイヤを購入したから」43%が最も多かった。次いで「自動車購入と合わせて」20%、「新しく夏タイヤ(オールシーズンタイヤ含む)を購入したから」17%。

こうした結果から、ホイールはタイヤと同時に購入されるケースが多いことが伺える。そのため、費用面を重視するドライバーが多く、「実際にホイールを購入した際に重視した点」を尋ねた結果は、55%が回答した「価格」が最多だった。

 タイヤや自動車との同時購入以外の購入のきっかけをみると、12%が「自動車の見た目を変えたかったから」と回答。デザイン性の向上を求めてホイール交換を行っているドライバーも少なくないとみられる。

 この傾向は特に夏タイヤ用ホイールを購入したドライバーに顕著にみられ、「価格」46%と並んで、購入した際の重視点として「デザイン」43% 、「車に似合うこと」38%が多く挙げられている。

 一方、冬タイヤ用ホイール購入者は66%が「価格」を重視。夏タイヤ用ホイール購入者の割合を大きく上回っている。冬タイヤ用ホイールは、冬タイヤへの履き替えが必要となった際にセット購入されるケースも多いことから、デザインよりも価格が重視される傾向が強いと考えられる。

 購入時にホイールのサイズを上げるインチアップを行ったかを尋ねたところ、5年以内のホイール購入経験者のうち20%が「インチアップを行った」と回答した。夏タイヤ用ホイール購入者を見ると、33%が「インチアップを行った」と回答している。

 5年以内にタイヤホイールの購入経験があるドライバーの購入経路は、「店頭購入」75%、「インターネット購入」25%だった。夏タイヤ用のホイールにこだわりがあると回答したドライバーを見ると、「店頭」69%、「インターネット」31%とインターネットの割合がやや高かった。一方、夏・冬タイヤのホイールにこだわりはないと回答したドライバーの購買経路は、「店頭」83%、「インターネット」17%となっている。

 購入場所別にその店舗で購入した理由を尋ねると、カーディーラーでは「そのお店で車を買ったから」が56%と最も多くなった。カー用品店とインターネットの最も多かった回答は、「タイヤ・ホイールセットの価格が安かったから」カー用品店37%、インターネット44%だった。

 2位以下の回答は大きな違いがみられ、カー用品店では「いつも使っているお店だから」「自宅から近かったから」という回答が続き、インターネットでは「送料が無料だったから」と価格面が重視されていた。

関連リンク

 前の記事へ 次の記事へ 

タイヤニュース 新着記事

タイヤニュース 記事一覧に戻る
TIREHOOD(タイヤフッド)