コンチネンタルタイヤが「第46回東京モーターショー2019」に出展

 コンチネンタルタイヤは、東京ビッグサイト等で10月23日~11月4日に開催される「第46回東京モーターショー2019」にブースを出展する。

 出展ブースでは、テーマとして「Mobility is the heartbeat of life」を掲げ、Automated Driving(自動運転)、Electrification(電動化)、Connectivity(コネクティビティ)を柱に未来のモビリティの為の技術ソリューションを紹介する。

 タイヤ部門の主な展示は、「Conti C.A.R.E.(コンチ・ケア)」「ContiSense (コンチ・センス)」「EcoContact 6 with adidas Parley shoe(エコ・コンタクト 6 + アディダス・シューズ)」「VikingContact 7(バイキング・コンタクト 7)」の4つ。

 Conti C.A.R.E.は、未来のモビリティのための技術ソリューション。様々な走行状況に対応した望ましい性能特性に適合させることができる。未来の自動車が遭遇するであろう様々な場面をサポートするためのホイール/タイヤ技術ネットワークを有するタイヤを超えた包括的な技術ソリューションとなる。

 ContiSenseは、トレッドの溝深さや損傷の可能性、タイヤ温度と空気圧に関するデータをタイヤ構造内に組み込まれたセンサーが生成し、継続的に評価しながらホイールやタイヤ技術のネットワークを緻密に調整、管理をしやすくする。

 EcoContact 6 with adidas Parley shoeは、環境に配慮したソリューションを求めるエンドユーザーのために開発されたハイパフォーマンス・エコタイヤ。3つの相反する性能であるウェットブレーキ性能、転がり抵抗、耐摩耗性能を高レベルで向上する。Adidasとコラボレーションしており、Adidasのシューズにコンチネンタルのタイヤ開発で培われたテクノロジーを搭載したラバーソールが採用されている。

 VikingContact 7は、優れたウィンター性能とドライ路面でのハンドリング性能に加え、シリーズ初となる「左右対称パターン」を採用したプレミアム・スタッドレスタイヤ。ウェット、シャーベット路面での排水性を大幅に高めており、冬の様々な路面状況下で安全で快適にドライビングできる。

会場は、東京ビッグサイト青海・西/南展示棟、MEGAWEB、シンボルプロムナード公園、TFTビル横駐車場など。コンチネンタルブースは、東京ビッグサイト 南展示棟 南ホール3/4 S3401。

 前の記事へ 次の記事へ 

タイヤニュース 新着記事

タイヤニュース 記事一覧に戻る
TIREHOOD(タイヤフッド)