住友ゴム工業、レベル4自動運転車のタイヤ空気圧を遠隔でモニタリング

住友ゴム工業は、レベル4自動運転車のタイヤ空気圧モニタリングが可能になったことを発表した。

 同社が今年5月に発表した群馬大学の次世代モビリティ社会実装研究センター(CRANTS)との協業によるレベル4(高度自動運転)に対応したタイヤ周辺サービスの共同研究が、自動運転車のタイヤ空気圧データとCRANTS内に設置されている自動運転管制所との連携を完了。車両が無人の場合でも、タイヤ空気圧のモニタリングが遠隔で可能となった。

 タイヤ空気圧モニタリングにより、自動運転車でのパンクなどを想定したタイヤトラブルの予知保全に貢献する他、空気圧異常によるトラブル時を想定したサービス体制の構築を進めていく。

自動運転車からの送信データ管理画面
(左からタイヤ空気圧、ステアリング角度、速度、位置情報)

実証実験車両

 データ連携の構築は、CRANTSとNTTデータと共同で実施。直接式TPMS(タイヤ空気圧監視システム)をタイヤ内のリムに設置し、自動運転車の車載システムにBluetoothの仕様の一つであるBLE(Bluetooth Low Energy)で空気圧データを送信する。車載システムからコネクテッド技術により、CRANTSの管制所へデータが送信され、自動運転の個々のタイヤ空気圧情報を管制所から管理画面でモニタリングできる。

 

関連リンク

 前の記事へ 次の記事へ 

タイヤニュース 新着記事

タイヤニュース 記事一覧に戻る
TIREHOOD(タイヤフッド)