• タイヤフッドマガジン
  • 新着情報
  • タイヤを知る
  • タイヤを選ぶ
  • メンテナンス
  • オススメ
  • ホイール
  • 特集記事
このサイトについて
プライバシーポリシー

タイヤを選ぶ

難しいと思われがちなタイヤ選び。
見るポイントさえ分かっていれば、実はとても簡単なのです!
タイヤ選びが更に楽しくなる秘策をお伝えいたします。

タイヤの種類から選ぶ!ランフラットタイヤ

2016.12.26 (Mon)初心者向け
pixta_14309053_l_s

tire



ランフラットタイヤ、って聞いたことありますか?
「何それ?!知らない。。。」
という方も多いのでは?

それもそのはず。
ランフラットタイヤって実は、次世代型のタイヤとして、
海外で普及し始めているタイヤなんです!!

日本ではまだあまり馴染みのないランフラットタイヤ。
今まで販売されてきたタイヤとは一味違う、
驚きの性能があるんですよ~◎

ランフラットタイヤはパンクしても走り続ける!

ごく普通~のタイヤって、パンクしてしまったらどうなるか知っていますか?
タイヤがガッタガタになってしまい、
とても道路を走れるような状態ではなくなってしまうんです。。。


パンクしたタイヤ



パンクした状態のタイヤで走り続けると、
事故の危険性が格段に高くなってしまいます。。。

特に高速道路上でパンクしてしまったら怖いですよね;;;
すぐに安全な場所に退避できれば良いのですが、
高速道路はそういう場所ばかりではありません。
路肩に停めても追突される危険があるんです。。。

できればタイヤのパンクは避けたいですよね。。

ランフラットタイヤのすごいところは、
完全にパンクした状態になっても、
走り続けられるところ!

パンクしても時速80kmで80kmの距離が走れるんです◎
パンクしてからもそんなに走れるなら、
万が一高速道路上でパンクしてしまっても、
近くのSAや下道のガソリンスタンドまで、余裕を持ってたどり着けますよね!

ランフラットタイヤは安全性の高い、
安心感のあるタイヤなんです♡

 

ランフラットタイヤにはこんないいことも!

 

パンクしても走り続けられるランフラットタイヤ。
ということは。。。

スペアタイヤを車に載せておく必要がありませんよね!

スペアタイヤはトランクの下の方に入れていることが多いと思いますが、
スペアタイヤが要らなくなれば、
スペースを広く使える!

荷物がもっとたくさん載せられますよね◎

しかも、スペアタイヤの分の重さがなくなるから、
燃費が良くなる可能性も*

エコにも貢献できる優れものなんです!

 

ランフラットタイヤにはこんなデメリットも。。。

とっても安全で安心なランフラットタイヤ、
「でも何でそんなに普及してないのかな~?」
と疑問に思ったあなた。
鋭いですね~!

ランフラットタイヤが普及しない理由が実はいろいろあります。


まずは価格が高めなこと。
最近日本でも普及し始めてきているので、
前よりは価格が安くなってきました!

とは言っても、
普通のタイヤに比べれば、
まだまだ値段は高め。。。

もう少し普及が進めば、
手に取りやすい価格になりそうですね!

ランフラットタイヤのもう一つのデメリットが、
乗り心地があまり良くないということ;
ゴムの弾力性が普通のタイヤよりも劣るんです。。。

だから普通の道路でも振動を感じやすくなったり、
車の揺れを感じやすくなったりするんです;

 

壊れ方が違うランフラットタイヤ

実はランフラットタイヤは、パンクしても走り続けられる分、
ほとんど必ずと言ってもいいほど、
タイヤ交換が必要になってしまいます。

普通のタイヤはパンクしても
修理すればまた使えることもあるので、
そこはデメリットと言えるかも知れません。。。

しかし、パンク自体滅多にあるものではないですし、
何よりもパンクしたときの安全性を考えれば、
タイヤ交換する値段分の価値はあるとも言えそうです◎

ランフラットタイヤのこれから


次世代タイヤであるランフラットタイヤは
まだまだ伸びしろがあるタイヤです◎

今はデメリットも目に付いてしまいますが、
今後性能が良くなる可能性は十分にあります!

性能が良くなれば普及が進み、
値段も手ごろになるはず。。。

興味がある方は、
その頃を狙ってショップに行って、ゲットしてみてくださいね!

 

 

この記事を書いた人

編集部編集部
TIREHOOD MAGAZINE編集部

タイヤの基本から豆知識、お役立ち情報を紹介!
みなさんの生活を豊かにするカーライフインフォメーションをお届けします。

タイヤの選び方

国内外の有名ブランド新品タイヤをネットだからできる納得価格で販売。