2019.10.04

バンパーの塗装について徹底解説!塗装にかかる費用をチェック!ひび割れていてもDIYでの修理は可能?

車の損傷箇所として一番多いとされるバンパー。特に前後のバンパーはぶつけやすい部位です。

そのため傷を隠すためにバンパーの塗装をしたいという方は少なくありません。

また単純にカラーリングを変更したいという理由でバンパー塗装を考えている方もいるでしょう。

しかしバンパーの塗装を実際に依頼したことが無いと、修理では何を行い費用はどれくらいになるのか気になるところ。

そこで今回はバンパー塗装に関する基礎知識や費用等を徹底的に解説します。

バンパー塗装でお悩みの方は、ぜひ参考にしてみてください。

そもそもバンパー塗装をする理由は?

バンパー塗装は、先にもお伝えした通り2つのパターンが考えられます。

  • 傷を修復するために塗装する
  • 好きな色にカラーリングするため

傷を修復するために塗装する

バンパー塗装の目的で最も多いのが「傷の修復」です。

前後左右のバンパーは最も損傷しやすいパーツであり、損傷具合はケースバイケース。

単純なかすり傷もあれば凹みや変形を伴うもの、中にはヒビ割れを起こしている場合もあります。

こうしたバンパーの損傷を修復し見栄えを良くするためにも、バンパーの塗装を行います。

好きな色にカラーリング

車に強いこだわりがある方に多い塗装目的が「カラーリングの変更」です。

バンパーを好みの色に塗装し、愛車をカスタムします。

バンパーは面積が広く、色を変えると車の印象が大きく変わるため「カスタムの王道」といえるでしょう。

バンパー塗装の方法は?

バンパー塗装のやり方は大きく3つに分けられます。

  • 部分的に塗装する
  • バンパー1本丸々塗装する
  • バンパー自体を新しいものに交換する

どういった違いがあるのか解説します。

部分的に塗装する

バンパーに傷が付いてしまった時に行われる塗装です。

傷が付いている該当箇所のみ塗装を施します。

例えばフロントバンパーにかすり傷ができてしまった場合、傷部分をピンポイントで塗装するのです。

最近は塗料の質や塗装技術の向上によって部分塗装は剥がれにくくなりましたが、経年劣化による塗装剥がれはある程度避けられません。

また元々の塗装とは塗装時期が異なるため、時間が経つと部分塗装のみが浮いてくる可能性もあります。

しかし全塗装と比較して価格が抑えられるのは大きなメリットです。

バンパー 1本丸々塗装

バンパー全体を塗装します。好みの色にカスタマイズしたい方や、修復したい傷が広範囲に渡る場合に用いられる方法です。

また部分塗装に起こりがちな塗装ムラが不安な場合も、全塗装が用いられます。

もちろん全体を塗る分、部分塗装に比べて費用が高くなります

しかし元々の塗装を全て剥がして新たに塗装するため、色ムラや部分剥がれが起きにくいというメリットがあります。

バンパー自体を新しいものに交換する

こちらは塗装ではなく、バンパーそのものを交換してしまう方法です。

深いすり傷ぶつけた時の強い衝撃による大きな凹みなど、簡単に修復できない損傷がある場合に選択されます。

もちろん凹みや傷がない新車のような状態に戻すことが可能です。

経年劣化による塗装落ちの心配もなく、小さな傷も含めて全てリセットしたい場合は理想的な方法といえます。

しかし全交換となれば費用は高額になるため、修理費用と見比べることが重要です。

バンパー塗装を依頼するには?

バンパー塗装を業者に依頼する場合、依頼先としては以下の3つが挙げられます。

  • 自動車ディーラー
  • 大手カー用品店
  • 板金塗装業者

自動車ディーラー

使用している車の自動車メーカーに直接依頼する方法です。

車の製造元に依頼すれば塗料などはもちろん純正品が用いられるため、安心して任せることができます。

ディーラーに依頼する場合、軽微な傷を除いては全交換を基本としているのが一つの特徴です。

安心して任せられる代わりに費用負担が大きくなることを考慮に入れておきましょう。

大手カー用品店

オートバックスやイエローハットといった大手カー用品店にもバンパー塗装が依頼できます。

店舗によっては部分塗装のみ受け付けているケースもあるため、来店予定の店舗に確認する必要があります。

ディーラーに依頼するよりも費用を抑えることが可能なのは大きなメリットといえるでしょう。

板金塗装業者

板金塗装業者はいわば「塗装のプロ集団」です。

ディーラーやカー用品店よりはユーザーとの距離が近いところも大きなメリットといえます。

また車の愛好家が信頼を寄せる業者の場合は細かなカスタムが行えたり費用を大きく抑えられる場合もあります。

業者の質に注意

ディーラーやカー用品店なら一定のクオリティが保たれますが、個人経営の塗装業者の中には技術力が低い業者もあります。

こうした業者によって粗悪なサービスを受ける可能性も

自由度の高さはユーザーとして嬉しいものですが、塗装の質が低ければ本末転倒です。

口コミや事前の打ち合わせで業者の質を見定めることも、塗装依頼の一工程として考えると良いでしょう。

バンパー塗装にかかる費用は?

バンパー塗装にかかる費用は塗装方法や依頼先によって異なります。

それぞれどの程度の費用を想定すれば良いのでしょうか。

部分塗装の費用

傷の具合にもよりますが格安店舗では¥10,000前後から塗装が可能です。

大体の相場としては¥15,000~¥40,000程度が多くを占めます。

例えばイエローハットの場合、以下のような料金形態です。 

1ハンド(15cm×15cm以内) ¥18,900(+税)
2ハンド(30cm×15cm以内) ¥23,700(+税)
3ハンド(45cm×15cm以内) ¥28,500(+税)

もちろん損傷の程度によってはこれ以上になる可能性もあります。

とはいえ一部塗装であれば¥50,000を超えるようなことは滅多になさそうです。

1本塗装

1本全て塗装する際の費用相場としては¥25,000~¥50,000の間といったところ。

場合によっては部分塗装に少しお金を上乗せするだけで、1本塗装が可能なケースもあります。

まずは見積もりをとって検討すると良いでしょう。

バンパー交換

バンパーを交換する場合は塗装よりも大幅に費用がかかります。

安くても¥50,000~で、損傷の程度や車種によっては¥100,000を大幅に超える可能性もあります。

目安としては¥50,000~¥100,000前後と考えておくと良いでしょう。

また店舗によっては中古バンパーを装着することが可能です。

多少は品質が落ちますが、費用を抑えて全交換が行えます。

明確な相場がない

バンパー塗装や交換費用には明確な価格相場がなく、破損状況や求めるカスタマイズ性によって価格が変動します。

そのため正確な価格を知るためには店舗や業者に出向いて、見積りを依頼するところからはじめましょう。

バンパー塗装はDIYできるの?

塗料で色を塗るだけなら自分でもできるのでは?という方もいるのではないでしょうか。

DIYでバンパー塗装を行うメリット・デメリットをご紹介します。

バンパー塗装DIYのメリット:コスト面

塗料の選定から塗装まで全て自分で行うため、費用を低く抑えられるのが最大のメリットです。

業者に依頼すると発生する人件費や技術料などが一切かからず、塗料に強いこだわりがなければかなりローコストで塗装ができます。

またカスタマイズ目的の場合、愛車を自分の手で改造することは一つの楽しみです。

気が済むまで入念に作業を行うこともできるでしょう。

バンパー塗装DIYのメリット:時間面

塗装を業者に依頼する場合、車を業者に預けることになるので愛車を手放す時間ができてしまいます。

車検と比べると項数は少ないですが、2、3日の間車を預けることになる可能性があります。

DIYだと常に手元に車がある状態で作業ができるので、車が必須という場所で生活していても不便になる心配がありません。

バンパー塗装DIYのデメリット:失敗の可能性

美しく仕上げるためには下準備が必要なため、しっかりと知識を持っていなければ失敗してしまう可能性があります。

道具もかなりの数必要になりますし、適切な知識を持ち合わせつつ正しい順序で行わなければなりません。

手順を間違えると色むらが出てしまうだけでなく、最悪の場合劣化を早めることに繋がりかねません。

見た目を美しくするための塗装が、却って見た目を悪くする結果になることも。

知識や技術に自信がない場合はプロに依頼することをおすすめします。

バンパー塗装DIYのデメリット:コスト面

メリットとして挙げたコスト面は、人によってはデメリットにもなってしまうでしょう。

DIYで綺麗に塗装するためには、数種類の塗料の他にもマスキングテープや下地剤、コンパウンドなどが必要になります。

カラーリング目的で頻繁に塗装するのであればいいですが、1回限りの傷の修理でもDIYだと沢山の道具を買い揃えなければいけません。

また、初めての作業だと丸一日かかってしまう可能性もあり、お金だけでなく時間もコストとしてかかってしまいます。

DIYに踏み切る前にこの辺りのコストも考慮しておきましょう。

ひび割れたバンパーの塗装

ひび割れたバンパーに関しても、自分で塗装・修理を行うことは可能です。

パテ埋めをしっかり行うことで、ある程度のひび割れは個人でも修復が可能となります。

しかしこの場合も正しい方法をマスターしていることが重要です。

ひび割れは放っておくとさらにひどい状況になる可能性も。

自分でDIYするか修理を依頼するかで悩んでいる場合は早めに決断した方が良いでしょう。

またDIY塗装に自信がない方は早めに修理業者に依頼するのが得策です。

まとめ:バンパー塗装について徹底解説

バンパー塗装に関して以下を解説しました。

  • 部分塗装・1本塗装:バンパー交換の3種
  • ディラー・カー用品店・板金業者のどれかに依頼
  • 部分塗装は¥15,000~40,000
  • 1本塗装は¥25,000~¥50,000
  • バンパー交換は¥50,000~¥100,000
  • 自分でDIYも可能だが、知識がないなら控えた方が良い

バンパーは安全性の確保はもちろん、車の見た目を左右する重要な部品です。

予算や求める仕上がりによって適切な方法で塗装を行いましょう。

 前の記事へ 次の記事へ 

特集記事 新着記事

特集記事 記事一覧に戻る

アクセスランキング

特集記事

TIREHOOD(タイヤフッド)