2019.07.24

タイヤ交換はどこでする?交換における注意点とタイヤ交換業者の特徴

今回は自家用車を保有している方に「タイヤの交換・取付」をどこで行いたいと思っているのか聞いてみました。タイヤ交換・取付業者の選択肢はいくつもあり、それぞれ特徴があります。住んでいる付近の環境も含めてタイヤの交換・取付を検討して安心できるカーライフを過ごしましょう。

タイヤ交換はどこでする?交換における注意点とタイヤ交換業者の特徴

タイヤの寿命は4~5年と言われています。皆さんのタイヤも以前交換した時期を思い出すと「そろそろかな」と思われている方も多いかもしれません。実際にタイヤ交換・取付はどこで行っていることが多いのでしょうか。交換場所の特徴もそれぞれありますので、今回はそれについて解説してみたいと思います。

さて、実際に自家用車を保有している方に「タイヤの交換・取付」をどこで行いたいと思っているのか聞いてみました。

あなたが今、乗っている自家用車のタイヤの交換・取付はどこで行いたいと思いますか。

項目名 合計数 パーセンテージ
1 ディーラー 384 24.7%
2 タイヤ専門店 298 19.2%
3 カー用品店 245 15.8%
4 ガソリンスタンド 230 14.8%
5 自分で行う 331 21.3%
6 その他 66 4.2%
1554 100%
Q4.あなたが今、乗っている自家用車のタイヤの交換・取付はどこで行いたいと思いますか。

ディーラーで行う、が24.7%、タイヤ専門店が19.2%、カー用品店が15.8%、ガソリンスタンド14.8%、 自分で行う21.3%、その他4.2%という結果となりました。

専門店の技術をもったエンジニアに交換を依頼するのが最善

専門店の技術をもったエンジニアに交換を依頼するのが最善

ディーラーで行うという回答が最も多く、タイヤ専門店、カー用品店などの専門店でタイヤ交換をするという方を合わせると59.7%と、専門店で行うという回答が多く見られました。

摩耗したタイヤの交換、パンク時のタイヤ交換、また冬に備えてのスタッドレスタイヤへの交換など安全における重要度が高いタイヤ交換においては安心して任せられる技術を持った専門店で行いたいという意見が多い反面、自分で行うという方が約2割強もいるという意外な結果も見受けられました。

タイヤ交換を自身ですることは、タイヤの専門家の立場からは推奨出来ません。ボルトの締め付けが弱かったことで走行中にタイヤが外れるという事故も実際に起きています。自分でタイヤ交換をすることは、安全面でのリスクを伴うことを認識しておきましょう。

以前のアンケートで、タイヤ交換する店舗選びで重視することは?という質問アンケートを取りました。圧倒的に多いのは「近くにあること」「価格が安いこと」の2点です。

この結果は、専門店であればどこでも変わらないのでは?という考えからくるものかもしれませんね。

そこで、ディーラー、タイヤ専門店、カー用品店、そしてガソリンスタンドでのタイヤの交換・取付における特徴を理解したうえで使い分けるのが良いでしょう。

ディーラーで行うメリットはやはり安心感

ディーラーは当然自社販売車に対してどんなタイヤが合うのかを熟知しています。また専属のエンジニアが在籍しており、タイヤ交換時の足回りチェックの他、車の点検も兼ねていると思えば信頼感はお値段以上の価値があると言えます。また販売車種についての情報やメンテナンス履歴などのデータを持っていますから、あなたの愛車の異常をいち早く発見してくれるでしょう。「ディーラーは値段が高い」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、総合的に得られるその安心感はとても大切です。

ただし、タイヤのドレスアップ等をしたい場合などは、対応してもらえない可能性がありますので、依頼内容を一度整理して相談してみてはいかがでしょうか。

タイヤ専門店での交換のメリットは?

タイヤ専門店にはディーラーでは手に入らないホイールやタイヤが豊富にそろっており、車のドレスアップも望む場合は、タイヤ専門店を選択するのが良いでしょう。

タイヤに関する技術力も高く、例えばタイヤパンク時には外面修理などの簡易的な方法もありますが、タイヤ専門店などでは焼き付け修理という、専用のゴム材を使ってタイヤを熱で圧着させる方法も選択することが出来ます。パンクの穴が裂けてしまっているなど、内面修理でも対応できない場合に用いられ、パンク修理の方法としてはどの方法よりも確実ですが、高い技術力が要求され、こういった対応を行うことが出来るのがタイヤ専門店の特徴と言えるでしょう。

カー用品店はなんでも揃うメリット

タイヤ専門店と同様にタイヤ交換・取付の高い技術を持っているのがカー用品店です。またタイヤ交換時に、その他カー用品購入も考えている場合は、タイヤ交換・取付作業中に店内を見回ってみるのも、様々な新しい発見が出来るかもしれません。

ただし、価格的にはタイヤ専門店より若干高くなるケースが多いので事前にネットや周辺の店舗の価格相場を認識しておくのが良いでしょう。

便利!街のどこにでもあるガソリンスタンド

タイヤ交換・取付が必要な時に、近くて便利、忙しい時に対応してくれるのがガソリンスタンドです。最近はネットでタイヤを購入し、近くのガソリンスタンドで交換というスタイルも増えてきています。費用的に安いのがメリットですが安いから技術が無いということはありません。サービスメニューとしてタイヤ交換を掲げている場合は、腕が確かな整備士が在籍していると考えて良いでしょう。

まとめ

まとめ|タイヤ交換はどこでする?交換における注意点とタイヤ交換業者の特徴

タイヤ交換・取付業者は様々であり、それぞれ特徴があります。まずはそれぞれの特徴を理解し、タイヤ交換・取付時の状況によって選択してみてはいかがでしょうか。ただし、やはりタイヤは微妙に重さが偏っていたり、誤った方法や判断で取り付けてしまうと大きな事故につながるリスクが生じます。

ディーラー、タイヤ専門店、カー用品店、ガソリンスタンドをはじめとした、技術を持ったタイヤ交換・取付業者できちんと交換してもらい、安心できるカーライフを過ごしましょう。

 前の記事へ 次の記事へ 

タイヤ調査 新着記事

タイヤ調査 記事一覧に戻る
TIREHOOD(タイヤフッド)